月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 【週刊暗号資産】米メタがデジタル通貨発行を検討、英政府が暗号資産に関する計画発表等のニュースがランクイン

【週刊暗号資産】米メタがデジタル通貨発行を検討、英政府が暗号資産に関する計画発表等のニュースがランクイン

4月4日〜4月8日までの期間を中心に、暗号資産(仮想通貨)業界に関するニュースを月刊暗号資産による独自の視点からランキング形式でまとめた。

今週は米メタ(Meta)社が新たなデジタル通貨の発行を検討しているニュースが関心を集めた。今年に入りステーブルコインプロジェクト「ディエム(Diem)」が瓦解したばかりであるが、今後の展開次第では再び注目が集まるものとみられる。

また、英国政府が暗号資産について本格的に動き出す姿勢を見せたことや、国内暗号資産取引所bitFlyerの親会社であるbitFlyer Holdingsが買収される可能性が浮上したニュースなども併せて注目すべきニュースとなった。

4/4〜4/8 ニュースランキング

1位:米メタ、メタバース等で使用可能なデジタル通貨「ザック・バックス」の発行を計画

米メタが、CEOのマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏の名前にちなんだデジタル通貨「ザック・バックス(Zuck Bucks)」の発行を計画していることがわかった。詳細記事はこちら

2位:英政府、「暗号資産技術と投資のハブ」を目指す計画を発表 税制改正も視野に

英国財務省は、英国を暗号資産テクノロジーと投資の世界的なハブとする計画を発表した。詳細記事はこちら

3位:bitFlyer、株主連合が投資ファンドによる買収に大筋合意か 日経が報道

国内暗号資産取引所bitFlyerを傘下とするbitFlyer Holdingsが、アジアの投資会社ACAグループに買収される可能性が浮上した。詳細記事はこちら

4位:ビットコイン、一時530万円割れ 背景にはFRBの利上げ動向

米連邦準備制度理事会(FRB)がさらなる利上げを示唆したことにより、ビットコインなど暗号資産市場では大幅下落がみられた。詳細記事はこちら

5位:テスラCEOのイーロン・マスク氏、Twitter株9.2%取得

米電気自動車大手テスラのCEOであるイーロン・マスク氏が、Twitter社の株式9.2%を取得したことが明らかになった。詳細記事はこちら

                                   
先行BitLending説明会