月間暗号資産

    • HOME
    • FEATURE
    • Filecoin
    • 【4/16更新】Filecoin(ファイルコイン)を効率よく得る方法

    【4/16更新】Filecoin(ファイルコイン)を効率よく得る方法

    前回の記事では、Filecoin(ファイルコイン)のプロジェクトがどのようなものであるかを紹介した。すでに読んだ方であれば、それがどれだけ市場から有望視されているプロジェクトなのかをおわかりいただけたことだろう。数あるブロックチェーンプロジェクトの中でも、Filecoin(ファイルコイン)は間違いなくSSクラスだ。

    そして、自ずと関心が出てくるのは、暗号資産(仮想通貨)FIL(ファイルコイン)をどのようにして手に入れることができるかということだろう。FIL(ファイルコイン)を手に入れる手段は大きく2つある。

    1. 暗号資産(仮想通貨)取引所で購入する
    2. マイニングで手に入れる

    それでは、それぞれの方法を見ていこう。

    暗号資産(仮想通貨)取引所で購入する

    これを読んでいる方であれば、暗号資産(仮想通貨)取引所でFIL(ファイルコイン)を購入するのは最も馴染みがある手段であるはずだ。残念ながら、現状はFIL(ファイルコイン)を日本の取引所で売買することはできない。そのため、自ずと海外の取引所を使うことになる。

    海外の取引所を利用するには少々面倒だ。まず、USDTやBTCを確保し、それを海外の取引所に送る必要がある。多くの場合、最初のBTCの確保は日本の取引所を通すことになる。そして、海外の取引所で  FIL/USDT や FIL/BTC の取引ペアで取引し、FIL(ファイルコイン)を手に入れる。

    FIL(ファイルコイン)の取扱先を調べるには、以下の暗号資産の時価総額ランキングサイトを見ると良いだろう:

    見ていただくとわかる通り、FIL(ファイルコイン)が扱われている取引所は”たくさんある”ので、どこで取り扱われているか良いかを気にする必要はまったくない。

    Filecoinの取引が活発な取引所(CoinMarketCapより)

    マイニングで手に入れる

    マイニングで手に入れるメリット

    FIL(ファイルコイン)の最大のサプライヤーはマイナーだ。なぜならば、FIL(ファイルコイン)の配布計画では、マイナーへの割当が1番多くなっているからだ。

    以下の円グラフがFIL(ファイルコイン)割当ての内訳になる。赤が、ファイルの保管容量を提供するマイニング、いわゆるストレージマイニングへの配布分になる。これが全体の55.0%を占める。そして、残りのマイニング予約分15.0%も、まだ開始されていない新たなマイニングへの配布分となっている。

    FILの配布割当て

    このように、多くのFIL(ファイルコイン)がマイナー配布分として割り当てられている。そして、Filecoin(ファイルコイン)のマイニングでも、ビットコインのように時が経つと配布数が減っていく仕組みが用意されている。ただし、ビットコインと異なり一定間隔で半減するのではなく、徐々に減っていく設計になっている。

    つまり、FIL(ファイルコイン)をマイニングで手に入れるには、できるだけ早期に参入しておく必要があるということだ。

    FIL配布数の減少曲線(赤線)

    マイニング獲得数は掛け算で決まるものだ。それぞれの要素の値が高ければ高いほど良い。そして、データ処理の失敗が少なく、初期投資が少なければマイニング参加者のリターンが大きくなるということだ。

    実は、マイニング参加者のリターンを最大化できるマイナーはそれほど多くない。今回は、様々ある中でより優れた日本発のマイニングサービス「IPFS infinite JAPAN」をご紹介しよう。

    日本発のマイニング「IPFS infinite JAPAN」とは

    現在、Filecoin(ファイルコイン)マイナーの大半は中国勢が占めている。日本に住んでいる側にとっては実態がわかりにくいということもあり、敬遠しがちな人も少なくないことだろう。そのような人たちに向いているマイニングサービスが「IPFS infinite JAPAN」である。

    IPFS infinite JAPANは、その名の通り日本のFilecoin(ファイルコイン)のマイニングサービスであり、株式会社ウェイサスによって運営されている。もちろん、サーバーは日本国内に設置される。さらに、希望すればデータセンターの現地見学も可能だ。

    実は、Filecoin(ファイルコイン)マイニングを日本でやるメリットは大きい。IPFS infinite JAPANのマイニング設備は、東京都千代田区に運営されている。千代田区は、日本国の中枢機関が集中しており、天災が発生しても最優先でインフラが復旧される地域に指定されている。また、データセンターには2箇所以上の変電所から電源が引き込まれ、回線も冗長化されている。Filecoin(ファイルコイン)は、サーバー設備がダウンするとマイナーが保有しているFILを取り上げる罰則があるため、これらの状況は有利に働くようになっている。

    そもそも、日本は他国と比べると電力が圧倒的に安定しており、インターネット回線は総じて速い。Filecoin(ファイルコイン)マイニングでは、サーバー設備の安定稼働が前提としてあり、回線がデータ出入力の効率を左右する要素の1つになっていることから、日本はFilecoin(ファイルコイン)マイニングで有利な地理と言える。

    まとめると、IPFS infinite JAPANは大企業や官公庁が利用するグレードの環境でFilecoin(ファイルコイン)のマイニングを行うため、マイニングパフォーマンスの向上が期待されるということだ。

    IPFS infinite JAPANのマイニング実績

    IPFS infinite JAPANは、ここ最近のマイナー傾向として、非常に健闘しているマイナーと言える。以下は、IPFS infinite JAPANのマイニングデータだ。このデータは、誰でも確認することができる。

    IPFS infinite JAPANは、まだ立ち上がったばかりのマイナーにもかかわらず、既に1.56PiBのストレージ容量を確保している。そして特筆すべきなのは、直近のストレージ容量の伸びだ。この値は「Power Change」から確認することができる。Filecoin(ファイルコイン)マイニングはその仕組み上、マイニングを始めるためにFILの調達が必要なため、それ相応の初期コストがかかるようになっている。直近のFIL価格高騰により、同様にこのコストも高騰しているため、多くのマイナーは一時的にストレージ容量の拡張を保留している。一方で、IPFS infinite JAPANは、直近でも順調に容量を拡張している。また、データ取得時点の直近24時間のマイニングパフォーマンスは、マイナー平均の上を行っており良い数字だ。

    このように、IPFS infinite JAPANは、マイニングのイニシャルコストが高騰している最中でもストレージ容量を拡張できるほどの力を兼ね備えているのである。

    契約内容

    プラン名TiB数価格
    (税込)
    想定報酬枚数
    (※0.1FIL/日)
    取得単価想定利益想定利益率
    ブロンズ1¥198,00067.2¥2,946¥1,344,000678.8%
    シルバー3¥590,000201.6¥2,927¥4,032,000683.4%
    ゴールド5¥970,000335¥2,896¥6,700,000691.0%
    プラチナ10¥1,900,000672¥2,827¥13,440,000707.4%
    ダイヤモンド15¥2,800,0001008¥2,788¥20,160,000720.0%
    マスター30¥5,500,0002016¥2,728¥40,320,000733.1%
    プレミアム50¥9,100,0003360¥2,708¥67,200,000738.5%
    プレミアムPro100¥18,000,0006720¥2,679¥134,400,000747.1%
    1FIL 20,000円として算出

    IPFS infinite JAPANは3年契約になっており、以下のプランが用意されている。いずれのプランも管理費を差し引いた70.0%が契約者に配布されるようになっている。

    また、最後に綺麗ごとに聞こえるかもしれないが、IPFS infinite JAPANは、新時代のWebインフラを海外ではなく、我が国で構築するというものである。そのような社会的意義に共感できる人は、IPFS infinite JAPANがうってつけのマイニングサービスと言えるだろう。

    ピックアップ記事
    「IPFS infinite JAPAN」の登録と購入方法解説