月間暗号資産

  • HOME
  • EXCHANGE
  • 【11月26日更新】おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所6選

【11月26日更新】おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所6選

近年、テレビCMなどでも暗号資産(仮想通貨)取引がだんだんと世間一般的に受け入れられて来ている傾向が見られます。しかし、いざ暗号資産(仮想通貨)取引に挑戦しようと思ってもどの取引所がいいかわからず悩んでいる方もいるのではないでしょうか?
そこで本記事では国内で有名な取引所としてSBI VCトレード(VC TRADE)、CoinCheck(コインチェック)、GMOコイン、BITPoint(ビットポイント)、bitbank(ビットバンク)、bitFlyer(ビットフライヤー)の6つを比較して紹介していきます。

SBI VCトレード(VC TRADE)

SBI VCトレード株式会社は2016年11月に設立された会社で、SBIグループの傘下で運営をしています。SBIグループの子会社であるSBI VCトレード(VC TRADE)ですが、やはり老舗のSBIグループが蓄積した金融のノウハウがふんだんにあることが特徴的です。そのため、セキュリティ面や運営がしっかりしているだけではなく、取扱通貨やスプレッドにも信頼が置けます。

ポイント1:様々な手数料が無料

暗号資産(仮想通貨)取引所に限らない話ですが、取引所で取引をするたびに手数料が発生してしまうと、ユーザー目線から考えると利益が出にくくなってしまいます。

ですが、SBI VCトレード(VC TRADE)では取引手数料が無料となっているため、取引の度に発生するコストが低く抑えられています。

ポイント2:スプレッドが狭い

SBI VCトレード(VC TARDE)は販売所形式ですが、スプレッドが比較的狭い点も強みです。

スプレッドが広いと注文のたびに少しずつコストがかかってしまいます。毎日複数の注文を出す様なトレードのスタイルの方にはありがたい特徴です。

ポイント3:国内大手金融の傘下である

SBI VCトレード(VC TRADE)は大手金融であるSBIグループの傘下であるため、馴染深さや信頼感が持てます。

また、顧客資産はしっかりと分別管理されておりセキュリティが強固なため、その点も投資家にとって信頼できる要素と言えるでしょう。

2020年11月26日時点

現在開催中のキャンペーン

「新規口座開設キャンペーン(第2弾)のお知らせ
~新規口座開設でもれなく40XRP(1,000円相当)プレゼント~」

キャンペーン期間:2020年10月5日(月)~ 2021年1月5日(火)17:00まで

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)の特徴として挙げられるのは優秀なツールと最低取引額の安さ、そして取扱通貨の多さです。それぞれ詳しくご紹介していきます。

ポイント1:優秀なツールで取引がしやすい

Coincheck(コインチェック)の取引アプリは他社のものと比べて優秀なUI・UXで圧倒的にきれいで使いやすいという利点があります。2020年上半期ではダウンロード数が295万を突破したという実績もあります。

さらに、電気・ガスの料金を支払ってビットコインが貰える「Coincheckでんき」「Coincheckガス」や暗号資産(仮想通貨)を自動的に積み立てる「Coincheckつみたて」もアプリ内で一元管理できます。

さらにWebブラウザからの取引の場合はトレードビューというツールでの取引が可能です。移動平均線や一目均衡表などの主要なインジケーターが取り揃えられており、暗号資産(仮想通貨)取引に慣れている方にも申し分ない高機能チャートを利用できます。

ポイント2:最低取引額の安さ

Coincheck(コインチェック)では約500円から暗号資産(仮想通貨)に投資することができます。さらに取引手数料や入金手数料も無料なので、少額から暗号資産(仮想通貨)取引に挑戦したいという初心者の方におすすめです。ただし、取引コストを考えるとCoincheck(コインチェック)ではスプレッドが広くなってしまうことがあるのでその点には注意しましょう。

ポイント3:取り扱い通貨が多い

Coincheck(コインチェック)で取り扱われている通貨は14種類で国内の業者のなかでは最多となっています。ビットコインやイーサリアムなどの有名なものだけではなく、QTUM(クアンタム)やBAT(ベーシックアテンショントークン)などのアルトコインも充実しています。

Coincheck(コインチェック)では販売所しかない点は玉にキズですが、アルトコインに投資したい方はCoincheck(コインチェック)がおすすめです。

2020年11月26日時点

現在開催中のキャンペーン

Coincheckつみたて、おかげさまでサービス開始1周年!

キャンペーン期間:2020年11月11日(水)15:00~ 2020年12月11日(金)23:59まで

GMOコイン

GMOコインはGMOコイン株式会社によって運営されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。大本となる会社は東証一部上場のGMOインターネットグループです。GMOコインはグループ会社のGMOクリック証券などで培った金融サービスのノウハウを活かした取引所運営を行っています。取扱通貨は販売所では9種類、取引所では5種類、暗号資産(仮想通貨)FXなら9種類用意されています。スマホ用の取引アプリは2種類用意されており、さらに初心者から上級者まで使いやすいです。

ポイント1:暗号資産(仮想通貨)の取引方法が充実

GMOコインには販売所と取引所があり、取引所でレバレッジ取引を行うこともできます。さらに、暗号資産(仮想通貨)FXも提供しており豊富な注文タイプを提供しています。

具体的には暗号資産(仮想通貨)FXなら成行、指値、逆指値に加えてIFD、OCO、IFD-OCO注文も執行することができます。急な相場変動に備えた注文を行いたい方にもオススメです。

ポイント2:スマホアプリのビットレ君が便利

GMOコインが提供するスマホアプリは2種類で、「GMOコイン 暗号資産ウォレット」と「ビットレ君」があります。ビットレ君は暗号資産(仮想通貨)FX専用のアプリで、テクニカル指標や描画ツールに加え、スピード注文なども用意されています。

FX取引に対応している通貨は9種類あり、最近ではOMGもリストアップされておりアルトコイン取引にも適しています。

ポイント3:手数料が安い

GMOコインでは入金、出金、送金、取引すべてにおいて取引手数料が無料です。販売所では相場が急変動したときにはスプレッドが広くなる場合もあるので注意が必要になりますが、発生する手数料は全て取引所の負担となるのでお得に取引ができます。

2020年11月26日時点

現在開催中のキャンペーン

キャンペーン期間:2020年11月11日(水)15:00~ 2020年12月11日(金)23:59まで

BITPoint(ビットポイント )

BITPoint(ビットポイント)は株式会社ビットポイント ジャパンによって運営されており、親会社は東証二部上場の株式会社Remixpoint(リミックスポイント)となっています。取扱通貨は6種類で、専用のアプリを有し、「わかりやすさ」と「使いやすさ」に重点を置いた仕様が特徴です。また現物取引やレバレッジ取引といった、各種取引手数料が無料である点も強みの1つでしょう。

ポイント1:取引手数料が無料

BITPoint(ビットポイント)では現物取引やレバレッジ取引にかかる手数料が無料となっています。

日本円の入出金にかかる振り込み手数料やレバレッジ取引における建玉管理料はもちろん発生しますが、それを差し引いても魅力的な特徴の1つと言えるでしょう。

さらに少額から取引を行うことができるため、初心者にとっては非常にスタートしやすい条件が揃っています。

ポイント2:使いやすさを意識した仕様

BITPoint(ビットポイント)の仕様はリニューアルされ、より初心者にわかりやすくなりました。またサポート体制も充実しており、取引の手順やよくある質問をカテゴライズし丁寧に解説するなど、より一層ユーザー目線に立って使いやすさを意識したと言えます。

さらに板形式での取引が可能な「BITPOINT PRO」を提供しており、中・上級者にもおすすめです。

ポイント3:ユーザー資産管理の強化

BITPoint(ビットポイント)ではユーザーから預かる暗号資産(仮想通貨)を100%コールドウォレットで管理しています。これにより、インターネットに接続していない場所で保管している暗号資産(仮想通貨)に対する不正アクセスなどを防ぐことができます。

2020年11月26日時点

現在開催中のキャンペーン

ビットコインがもらえる!~新規口座開設キャンペーン~

キャンペーン期間:2020年10月16日(金)16:00~ 2020年11月30日(月)16:00まで

bitbank(ビットバンク)

bitbankは暗号資産(仮想通貨)の取引量が国内トップの大手暗号資産(仮想通貨)取引所です。bitbankは板取引をメインに提供しており、注文方法は成り行き注文と指値注文のみです。利用者が多いことから、流動性が非常に高い点が特徴的です。さらにbitbankは大手暗号資産(仮想通貨)ニュースメディアのBTCNを運営しているため、高品質な最新情報を確認しながら取引を行うことができます。セキュリティ面はというとbitbankはビットコインセキュリティ専門業者と提携してホットウォレットを管理しているほか、顧客資産はすべてコールドウォレットに保管しているので安全性も高いです。暗号資産(仮想通貨)FXを提供していたbitbank Tradeが終了してしまったため現在は現物取引のみを提供しています。

ポイント1:スプレッドが狭い

bitbankの最大とも言えるメリットは圧倒的なスプレッドの狭さです。bitbankは取引所形式でユーザー同士の注文がマッチングすることで注文が成立することが一つの理由として挙げられます。さらに先述したようにbitbankは非常に流動性が高いため、注文をする際に反対注文を出しているユーザーがいる確率が高いです。

1日に何度も注文を出す短中期売買を行う方はスプレッドの狭いbitbankがおすすめです。

ポイント2:優秀な取引ツール

bitbankでは取引ツールとしてTradingViewを採用しています。PCとスマホのどちらにも対応しており、どちらの環境でもスムーズな取引が可能です。bitbankは高機能なツールを取り揃えており、インジケーターが約80種類あるほか描画ツールも充実しているのでテクニカル分析もしっかり行うことができます。

ポイント3:日本円の即時入金が可能

bitbankでは住友SBIネット銀行から入金を行うことで、日本円の即時入金ができます。他行からの銀行振込だと当然土日祝日や夜間は入金手続きを行うことはできませんが、住友SBIネット銀行からなら365日24時間入金を行うことができ、さらにbitbankに入金が反映されるのに10分程しかかかりません。

2020年11月26日時点

現在開催中のキャンペーン

取引手数料ゼロキャンペーン

キャンペーン期間:2021年1月5日(火)まで

DeCurret(ディーカレット)

DeCurret(ディーカレット)は2018年1月に設立された暗号資産(仮想通貨)取引所で、親会社は国内インターネットの勃興期を支えてきたIIJ(インターネットイニシアティブ)となっています。そのため、セキュリティ面に関しては日本トップクラスの堅固性があると言えます。また、伊藤忠商事や東日本旅客鉄道、三井住友銀行など、業種の垣根を超えた国内大手企業から資本出資を受けています。ブロックチェーンを用いた国策などで今後さらなる活躍が期待されている暗号資産(仮想通貨)取引所です。

ポイント1:スプレッドが狭く指値で購入可能

DeCurret(ディーカレット)では販売所サービスのみの提供となっていますが、国内暗号資産(仮想通貨)取引所の中でも比較的スプレッドが狭く設定されています。

また、指値や逆指値など、注文方法が豊富な点もユーザーにとってありがたい点と言えるでしょう。

ポイント2:電子マネーへのチャージが可能

DeCurret(ディーカレット)は国内で唯一、暗号資産(仮想通貨)を電子マネーへチャージすることが可能となっています。対応している電子マネーは「au pay」、「楽天edy」、「NANACO」の3つです。

暗号資産(仮想通貨)を用いてチャージをするため、暗号資産(仮想通貨)をより身近に感じやすくなるサービスと言えます。

ポイント3:強固なセキュリティ

DeCurret(ディーカレット)はIIJの傘下であることから、非常にセキュリティに対する意識が高く、知見が豊富です。

徹底された管理体制があることで、国内の大手企業からも大きな信頼が寄せられていると言えそうです。

2020年11月26日時点

現在開催中のキャンペーン

最大1,500円分のビットコインをプレゼント!

キャンペーン期間:2020年11月1日(月)〜

コインチェック GMOコイン