月間暗号資産

リップル

リップル(Ripple)は、ビットコインのような管理主体のない暗号資産と異なり、リップル社という管理主体が存在する中央集権型の暗号資産で、通貨単位はXRP。
リップルの取引はブロックチェーンにおける分散処理ではなく、PoC(プルーフ・オブ・コンセンサス)を採用しており、リップル社が管理・認定する「バリデーター」と呼ばれる承認者の多数決によって合意されるため、ビットコインやイーサリアムよりも処理の高速化とコスト低減に成功しています。
リップルは「日本円⇔リップル⇔米ドル」のように国際送金に利用するためのブリッジ通貨としての役割が期待されています。
2018年3月現在、リップル社は世界数10カ国の銀行や決済業者と提携しており、国内でもみずほ銀行やりそな銀行など大手金融機関がリップルによる送金システムを用いた実証実験を行っています。

コインチェック GMOコイン