月間暗号資産

P2P

P2Pとは「peer to peer(ピアツーピアあるいはピアトゥーピア)」の略語で、ピーツーピーと呼ばれることもあります。
中心的な機関や装置を持たず、末端の端末(ピア)同士が直接データをやり取りする仕組みを指しています。暗号資産に限定された用語ではなく、インターネットに代表されるデータのネットワークモデルの1つです。
暗号資産(仮想通貨)取引は、P2Pというネットワークの基に成立しています。P2Pがあるからこそ、ユーザーが増えても暗号資産の取引や送金は問題なく行えています。
暗号資産の大前提となるネットワーク構成技術で、暗号資産以外でも今後さまざまな分野で増えていくと考えられています。一般的に、インターネットでWebサイトにアクセスするときには、特定の管理サーバーにアクセスします。それに対し、P2Pの仕組みではユーザーの端末同士が直接アクセスしてデータをやり取りする形をとります。
例えば、LINEやSkypeのようなコミュニケーションアプリが典型的なP2Pモデルの実用例と言えます。

コインチェック GMOコイン