月間暗号資産

プルーフ・オブ・ワーク

プルーフ・オブ・ワーク(Proof of Work:「PoW」と略されます)とは、ビットコインを初めとした暗号資産の取引や送金データを正しくブロックチェーンにつなぐための仕組みです。
一般的な金融商品と異なり、ビットコインなど暗号資産の多くを支えるシステムは中央に管理機関を持っているわけではありません。そのため、間違いなく売買や送金を成立させるためには、中央の監視者がいなくても容易に改ざんできないような仕組みが必要となります。
プルーフ・オブ・ワークでは、必要な「計算」を成功させた人が、そのデータを「承認」して正しくブロックチェーンにつなぎこむ役割を担う仕組みとなっています。

コインチェック GMOコイン