月間暗号資産

プルーフ・オブ・コンセンサス

プルーフ・オブ・コンセンサス(Proofof Consensus:「PoC」と略されます)とは、暗号資産リップルが採用しているコンセンサスアルゴリズムで、他のコンセンサスアルゴリズムとは違い、特定の承認者(バリデーター)によって取引が承認されます。
リップルにおいてはブロックチェーンを利用せず、「XRP Ledger」と呼ばれる分散台帳によって取引が記録されています。
また、バリデーターのうち8割が承認を行うと取引が合意されます。
バリデーターは極めて重要な役割を担うため誰でもなれるわけではなく、金融機関など、一定の信頼性を持つ組織などが望ましいとされています。

コインチェック GMOコイン