月間暗号資産

前田真実果の“暗号資産投資はじめてみました!” Vol.72

前回は大坂なおみ選手と取引所FTXの提携をピックアップし、暗号資産(仮想通貨)とジェンダーに関連した発言から、暗号資産(仮想通貨)が今の時代に持つ意味について思いを馳せてみました。

収支については2週間連続でプラス!
ロシア・ウクライナ情勢を巡り、原油や小麦など、両国に関連する資源・食料品の価格が不安定になることで、暗号資産(仮想通貨)市場も影響を受けていましたが、ここ最近は落ち着きを見せています。株式市場と同様に暗号資産(仮想通貨)市場にも資金が戻りつつあると言えそう。

こうした状況を踏まえ、今週の収支を見ていきたいと思います。

今週はBitLendingに預け入れているビットコインも含め約1万1,000円のプラスとなりました。これで3週連続でのプラスです! この展開は久しぶりだなぁ……。

このコラムを書いている時点でのビットコインの価格は約580万円。イーサリアムは約40万円です。この価格はともに2022年の最高値になるそうで、着々と価格が戻ってきていることを強く感じさせるものと言えるでしょう。

ここまで価格が上がったのはなぜでしょう? 理由として、前述したロシア・ウクライナ情勢も関連していますが、何よりも暗号資産(仮想通貨)業界発の動きが大きく関わっているそうです。
その大きな要因は、ステーブルコインプロジェクトのテラ(LUNA)を運営するルナ・ファウンデーション・ガードが、大量のビットコインを購入すると発表したことでした。
購入する理由は、米ドルと連動したステーブルコイン「TerraUSD(UST)」を円滑に回すための準備金に充てるためとしていて、その規模はなんと100億ドル(日本円で約1兆2,000億円相当!)を想定しているのだとか。1兆円相当のビットコインを持つなんて凄いですね……。巨大クジラじゃないですか! それだけ持っていたら、1BTCくらいなくなっても何とも思わなそうです。

ルナ・ファウンデーション・ガードはまず3,650億円相当のビットコインを購入したとされていますし、今後も購入を続け、その間には何か発表があるかもしれません。これは引き続き要チェックですね!

ついにあの暗号資産が取引できるようになるかも!

暗号資産(仮想通貨)関連のニュースを見ていると、私的に非常に気になるニュースが飛び込んできました。
そのニュースがこちら。

BTCBOX、国内初ドージコイン(DOGE)を取扱いへ

なんと、ついにあのドージコインが取引できるようになるというニュース! やっと日本でも取引できるようになりますね!

ドージコインといえば、本コラムでも何度も登場しました大手電気自動車のテスラ社のCEOであるイーロン・マスクさんのひと言で価格が大きく乱高下することでも知られていますね。
ちなみにBTCBOXさんの発表では、あくまでも取扱いを「予定している」だけで、まだ準備が整ってはいないようです。先行してお知らせすることで、事前に口座登録を行うユーザーもいるでしょうし、こういうアナウンスは助かりますね。

最近は価格が落ち着いて17〜19円台をさまよっていますが、昨年には、一時90円くらいまで価格を上げたこともあります。年初の価格は0.2円くらいだったというから夢がありますよね〜。うーん、暗号資産(仮想通貨)っぽい!(笑)
今後また同じように大きく価格が上がるかは分かりませんが、もはやドージと言えばのイーロン・マスク氏の発言は大いに影響を与えそう。ツイートに張りつかないといけないかもしれませんね!
他の取引所でも取り扱いが始まってほしいなと思いますし、話題性のある銘柄でもあるので、国内の暗号資産(仮想通貨)市場が盛り上がってくれればと思います。

最近は本当に様々な銘柄が取引できるようになってきました。国内の暗号資産(仮想通貨)の自主規制団体「JVCEA」も、多くの暗号資産(仮想通貨)を取扱えるように、「グリーンリスト制度」というものを導入したそうです。
このグリーンリストでは、すでに3社以上の取引所が取り扱っていることや、例え1社だけでも取扱いを開始して半年以上経っていることなど、一定の条件を満たした銘柄であれば、JVCEAの審査を受けなくても新規銘柄として取り扱いを開始していいというものだそう。
このほかにも、新規銘柄の調査について協会内で情報共有をして、取り扱える銘柄を増やそうという取り組みも始めているのだとか。

いちユーザーとしても嬉しい取り組みですし、何よりも業界が一体となって国内の暗号資産市場を盛り上げようとする非常に前向きな動きだと思います。
以前にも取り上げた、私が気になる暗号資産(仮想通貨)もどんどん増えてほしいです!

 

今回は以上です。

4月に入り新年度が始まりました。また新たな気持ちで1年を過ごしていきたいですね。
ちなみに、国内暗号資産(仮想通貨)取引所では4月1日から「トラベルルール」というものが導入されたのだとか。どういったもので、どのような影響が出るのか、次回以降取り上げるかも。

あ、そうそう、このコラムの更新情報もお知らせしている私のTwitterアカウントでビットコインを受け取れる設定を加えてみました。よかったらものの試しに送ってみてね〜。

ようやく価格が上昇して安定の兆しが見えてきましたし、収支を安定的に伸ばせていけたらなと思います。皆さんが気になっている銘柄や、暗号資産(仮想通貨)についてこんなことが知りたい、など教えていただけたらうれしいです!

では、また次回!

Profile ◉前田 真実果(まえだ まみか)
京都府出身。
レースクイーンやモデルとして活躍し、雑誌・ラジオ等に多数出演。
Adobeソフトの使用に長けており、DTPエキスパートなどを保有する「DTPできる系レースクイーン」。
現在はスーパーGTに参戦するKONDO RACINGのレースクイーン「リアライズガールズ」のメンバーとしても活動中。

SNS
ブログ:Mamika Maeda Note
Twitter:@mamilium
Instagram:c1mamika

前回
前田真実果の“暗号資産投資はじめてみました!” Vol.71

                                   
先行BitLending説明会