月間暗号資産

  • HOME
  • INFORMATION
  • 9月21日発売! Web3.0時代だからこそ知るべき起業のカタチ––日本はユートピアとなり得るのか?

9月21日発売! Web3.0時代だからこそ知るべき起業のカタチ––日本はユートピアとなり得るのか?

Web3.0への取り組みが活発化し、大変革が訪れている中で、次世代のリーダーたちは何を見ているのか。そして今、何が生まれようとしているのだろうか。
今号でも新たな試みを行った月刊暗号資産による次の「挑戦」を示す一冊。

今号では表紙の一部表記に誤りがございます。詳細はこちらをご覧ください。
https://digitalassets-online.jp/news/information-vol45-errata/

2022年9月21日(水)に発売の隔月刊暗号資産11月号Vol.45では、米リップル社で事業戦略、ビジネスオペレーション、ジョイントベンチャーのパートナーシップ事業などを担当する吉川絵美氏にインタビューを実施。リップル社が掲げるビジョン「価値のインターネット」と、吉川氏から見たNFT・Web3.0について語ってもらった。

また、今号では前号に続きWeb3.0に関する特集として、「Web3.0時代の起業の教え」を組んだ。Web3.0時代の到来が日に日に増していく中で、今後出てくるであろうサービスやNFT・メタバースを活用した取り組み、そして現状の課題などを深堀している。

さらに、今号のCrypto Journeyでは、日本で初めてゴールド(金)との価格連動を目指すジパングコイン(ZPG)を取り扱っているデジタルアセットマーケッツの西本一也氏、加藤次男氏との対談を掲載。そして、秋口にかけて活発化する傾向がある暗号資産取引において、気を付けておくべき「暗号資産投資の注意点10選」を特集した。

これからの日本、そして世界の未来を見据える上で重要な情報が詰まった一冊となった。

雑誌の購入はこちらから

Interview:Ripple VP Strategy & Operations
吉川絵美

リップルのビジョン“価値のインターネット”と『NFT・Web3.0』の密接な関係

月刊暗号資産11月号Vol.45 P2-5より

 

Crypto Journey[対談]デジタルアセットマーケッツ

「暗号資産×金」 

日本に必須のデジタル金融インフラ Zipangcoin

月刊暗号資産11月号Vol.45 P36-39より

 

特集:Web3.0時代の起業の教え

日本はWeb3.0事業のユートピアとなるのか。 

Web3.0で伸びる業界&危うい業界とは? 地域社会はWeb3.0でどう変わるのか?
仮想空間での経済活動って実際、どう参加できるの?
AIのメリットとデメリット
日本でWeb3.0分野のユニコーン企業は生まれるのか?
今後伸びるビジネス2022年上半期ランキング
Web3.0の世界で個人ができるセキュリティ対策
Web3.0銘柄解説

月刊暗号資産11月号Vol.45 P8-25より

 

特集:暗号資産投資の注意点10選

ビットコインが誕生して以降、暗号資産は年々注目を集め、今や一大市場となった。 

それに伴い、暗号資産投資をする上で注意すべき点も年々増加し続けている。 
すでに暗号資産へ投資を行っている人も、 これから暗号資産に投資をする人も、改めて注意すべき点をおさらいしよう。 

経済指標・金融政策◉税制・規制◉ステーブルコイン◉情報収集◉詐欺
SNS◉DeFI◉アップデート・エアドロップ◉購入心理◉セキュリティ

月刊暗号資産11月号Vol.45 P44-61より

 

以上、本誌の掲載内容を一部紹介した。
本誌では前回に続き編集部の新たな試み、そして「挑戦」を示すものとして、「ジャンプ+」で連載中の『左ききのエレン』のキービジュアルを表紙として使用した。
『左ききのエレン』はdouble jump.tokyo株式会社、株式会社gumi、株式会社ナンバーナインの3社共同プロジェクトとして、漫画内のストリートアートがNFT化されている。今回の表紙は、この3社の協力を得て実現した。
次世代を見据えた取り組みが数多くある中で、乗り遅れないようにするために情報収集が必要不可欠となる。そのためのツールとして、ぜひ本誌を手にとっていただきたい。

【内容紹介】
Interview
Ripple
VP Strategy & Operations 吉川絵美/
Crypto Journey[対談]
デジタルアセットマーケッツ/
Web3.0時代の起業の教え /
暗号資産投資の注意点10選/
本誌初大統計
暗号資産銘柄30ランキング2022.7-8 /他

2022年9月21日(水)発売 ¥980(税込)

月刊暗号資産のご購入はこちら