月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • ビットコイン、FOMC通過後に反発の動き

ビットコイン、FOMC通過後に反発の動き

14日(日本時間15日)に米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催された。開催まで機関投資家を始め、多くの投資家がポジションを一時解消・現金化を急いだためか、株式を始めとする金融市場は急速に下落していた。機関投資家が多く参入している暗号資産(仮想通貨)も、ビットコイン(BTC)を始めとして大幅下落していた格好だ。

FOMCで米連邦準備理事会(FRB)はテーパリング(量的緩和の縮小)に関し、当初の予定削減額を2倍にして加速させる。さらに、2022年末まで3回の利上げ(0.25ポイントずつ)をする方針を示した。

現在、米国は当初予想していた短期的な観測とは異なり長期に渡るインフレ状態にある。11月の米国のインフレ率(米消費者物価指数)は前年比+6.8%におよび、1982年6月以来の高水準と化している。

今後も続くであろうインフレを抑えるために利上げを実施する必要があるとバーナンキ元FRB議長は語った。また、新型コロナウイルス・オミクロン株の感染状況から「経済の回復ペース次第」と含みを持たせながらも、米経済がオミクロン株に対処できると自信を示した。

パウエルFRB議長が金利見通しと景気の先行き楽観論でバランス調整したのを受け、同氏の会見が終わらないうちに金融市場は活気を取り戻した。金融市場が思い描く最悪の事態についての懸念は、いい意味で空振りに終わったと言える。

株式市場ではS&P500株価指数が前日比1.6%上昇。2日間の下げ幅を回復した。暗号資産市場もこの動きに追随。ビットコインを始め、多くの暗号資産の間で数日の下げを戻す買いが入った。ビットコインは記事執筆時点で約2%上昇し、560万円ほどを推移。イーサリアム(ETH)においても約4%の上昇を見せ、46万円ほどで取引されている。

ビットコインは壁となった5万ドル(約570万円)を抜ければ、上昇トレンドに入り、イーサリアムは4300ドル(49万円)の壁を崩せば上値を目指すことになるだろう。

他アルトコインでは、ドージコイン(DOGE)が米EV大手テスラのイーロン・マスクCEOの決済手段として受け入れるとの発言したことを受けて0.2ドル(約22円)台近辺で推移している。

また、記事執筆時点ではアバランチ(AVAX)が約15%上昇している。USDコイン(USDC)がアバランチで利用可能となり、DeFi(分散型金融)エコシステムの強化につながるといったことが材料視された。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会