月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 秋元康氏がオーバースのメタバースアイドルプロジェクトの総合プロデューサーに就任

秋元康氏がオーバースのメタバースアイドルプロジェクトの総合プロデューサーに就任

株式会社オーバースは16日、現在準備を進めている新規アイドルグループ創造プロジェクトの総合プロデューサーに秋元康氏が就任したことを発表した。

同社が手がける新規アイドルグループ創造プロジェクトでは、ブロックチェーン技術とメタバースを利用した活動領域の拡大」をミッションとして掲げている。従来のアイドル活動に加え、NFT(非代替性トークン)を活用したデジタルコンテンツの提供を行うほか、現実世界では実現できなかった活動をメタバース内で展開することを計画している。

オーバースはプレスリリースで、このプロジェクトにおける総合プロデューサーは新規アイドルグループの基本的な方向性や活動コンセプトを統括する非常に重要な役割だと指摘する。その上で、プロジェクトを成功に導くためには総合プロデューサーが大きな鍵となると認識し、秋元氏が適任であると結論に至ったと人選について説明した。

オーバースは、「本プロジェクトの趣旨を粘り強く説明し検討していただいた結果、引き受けていただけることになりました。これにより本プロジェクトの成功に向けた盤石の体制が構築されると考えております」と述べている。今後、秋元氏のもとで新規アイドルグループの具体的な活動に関する企画および運営を行っていくとしている。

秋元氏はAKB 48や乃木坂46をはじめとした坂道グループのプロデュースを行っていることなどで知られる。

なお、オーバースは今年6月、国内暗号資産(仮想通貨)取引所DMM BitcoinおよびcoinbookとIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング:Initial Exchange Offering)に向けた基本合意書を締結したことを発表している。独自暗号資産Nippon Idle Token(NIDT)を発行し、2023年初旬のIEO実施を目指すとしていた。

利用者はNIDTを通じてアイドル活動の応援および支援を行うことができる。活動拠点であるメタバースやコンサート、イベント、NFTなどのアイドル活動全体において、NIDTエコシステムが形成される予定だ。

IEO後、春にはメンバー募集および選考を行い、夏に最終選考を実施しアイドルグループを結成する。その後、2023年秋にアイドルグループを正式発表す、冬にデビューする予定だ。

画像:Shutterstock

関連記事

Web3.0プロジェクト「メタソレア」が発足 エイベックスやHashPortらが参画

DMM.comがWeb3.0事業に参入 GameFi事業等を開発へ

「アイドル×メタバース」のオーバース、国内暗号資産取引所2社とIEOで基本合意