月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 暗号資産取引所クラーケン、UAE首都・アグダビでライセンス取得

暗号資産取引所クラーケン、UAE首都・アグダビでライセンス取得

UAE(アラブ首長国連邦)のADGM(Abu Dhabi Global Market;アグダビ・グローバル・マーケット)は25日、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン(Kraken)が暗号資産取引業を行うためのライセンスを取得したと発表した。

ADGMによると、規制対象の暗号資産取引プラットフォームを運営するための金融サービス許可(FSP)ライセンスを完全に取得したグローバルな暗号資産取引所は、クラーケンが初であるという。同取引所は、アブダビで暗号資産の多角的取引施設(MTF)とカストディアンとして運営するための承認事項を全て満たしたようだ。

クラーケンは暗号資産取引業者としてUAE首都のアブダビに中東本部を設立し、中東の多くの投資家がUAEディルハム(AED)を用いたビットコインやイーサリアムの取引、入金等を直接行えるよう、暗号資産取引所を開設する予定だ。クラーケンの経験豊富な上級幹部チームを配置して、UAEでの暗号資産関係事業を進めていくとしている。

現在、アブダビでは暗号資産の取引を行う場合、UAEディルハムをドルやユーロ、英ポンドなどの外国通貨に変換する必要がある。それがUAEの投資家達が暗号資産市場へ参入する妨げとなっていた。しかし今回の発表により、クラーケンを介せばその障壁を取り除くことが可能となった。

ADGMはアラブ首長国連邦の首都アグダビのアルマリヤ島に位置する国際金融センター。2018年に世界初の暗号資産規制フレームを導入し、「イノベーションと持続可能な取り組みを通じてアブダビのグローバル的な経済を強化すること」を目標としている。

クラーケンのEMEA(欧州、中東、アフリカ)マネージングディレクターのカーティス・ティング(Curtis Ting)氏は「UAE市場でクラーケンの業界をリードする暗号資産のエコシステムを用いて、120種類以上の暗号資産や先物、ステーキング、そして近日公開予定のNFT(非代替性トークン)マーケットプレイスなどのサービスを展開していきたい」と述べた。

アブダビでは今月10日、暗号資産取引所バイナンス(Binance)もADGMからライセンスを取得している。

同取引所が取得したのは、暗号資産を含むデジタル資産のブローカーとして活動するために必要な金融サービス許可(FSP)の「IPA(in principal approval=原則的承認)」だ。これにより、アブダビ金融サービス規制局(The Financial Services Regulatory Authority=FSRA)の規制下で暗号資産取引所の運営が可能となった。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会