月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 千葉ロッテ・佐々木朗希投手の完全試合がNFT化

千葉ロッテ・佐々木朗希投手の完全試合がNFT化

パ・リーグ6球団およびパシフィックリーグマーケティング(PLM)とメルカリは21日、今月10日に完全試合を達成した千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希投手の全27アウトのメモリアルシーンをNFT(非代替性トークン)化し、販売すると発表した。

全27アウトのメモリアルシーンを1アウトずつ(計540個)NFT化し、25日11時から販売していく。翌日以降、5月3日まで毎日各イニングを販売していくという。

このNFTはパ・リーグ6球団の名場面やメモリアルシーンをコレクションできる「パ・リーグ Exciting Moments β」において、各2万5,000円で販売される。

通常であれば試合の公式映像はダウンロード等が禁止されているが、同サービスで購入したNFTコンテンツはダウンロードして保有することができ、サービス内の機能を活用している時にはSNSなどでもシェアできる。

ブロックチェーンは「NBA Top Shots」などを手掛けるダッパーラボ(Dapper Labs)社が開発したFlowを採用する予定で、二次販売も可能となる予定だ。

今回販売される佐々木朗希投手の完全試合は、実に28年ぶりの快挙であると同時に史上最年少で達成されたものとなる。プロ野球新記録の13者連続奪三振や、プロ野球最多タイの1試合19奪三振など、日本球界の記録に刻まれる大偉業を同時に成し遂げた。

今回、この大偉業をメモリアルシーンとして、シリーズ初のメモリアルフレームとして1試合全てのアウトシーンを販売することになった。

また、今回の販売決定を記念し、「佐々木朗希投手の完全試合ラインアップ発売記念キャンペーン」を開催する。キャンペーン期間中に会員登録したユーザー抽選50名に、「完全試合&奪三振記録記念グッズ」をプレゼント(記念Tシャツ、アクリルスタンド、アクリル卓上時計などから選択が可能)するという。

併せて、販売するメモリアルシーンを購入したユーザー限定で、ZOZOマリンスタジアム・VIPルームでの試合観戦にも招待されるようだ。

プレゼントの応募は、「パ・リーグ Exciting Moments β」の会員登録を行い、応募フォームに必要事項を入力して送信するだけだという。

「パ・リーグ Exciting Moments β」は、パ・リーグ6球団の記録に残る名場面やメモリアルシーンを捉えた動画コンテンツを自分だけのコレクションとして保有できるサービス。シーンや選手に応じてレアリティが付属しており、専用Webサイトで簡単に購入、楽しむことが可能だ。

現在は販売のみ対応しているが、今後はブロックチェーンを活用したサービスの提供や、コレクションの再販機能(二次販売)の提供も行っていくとしている。

画像:メルカリ

                                   
先行BitLending説明会