月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 米コインベース、NFTマーケットプレイスのベータ版をローンチ

米コインベース、NFTマーケットプレイスのベータ版をローンチ

大手暗号資産(仮想通貨)取引所である米コインベース(Coinbase)が20日、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「Coinbase NFT」のベータ版をローンチすることを発表した。

同取引所は昨年10月にNFTプラットフォームをローンチする予定を明らかにしており、その6ヵ月後に待望のローンチが行われた形となる。

コインベースのNFTマーケットプレイスのベータ版はイーサリアムを基盤としており、NFTの閲覧や売買、そしてSNSの機能を備えている。ただし、ローンチ当初はウェイトリストから一部のユーザーのみにNFTの売買機能は提供されることとなる。

同取引所の発表によると、Coinbase NFTに登録をしたユーザーから順に売買機能が使えるようになり、今後数週間にかけて全ユーザーに機能を提供できるようになる。

現在はイーサリアム上で発行されたNFTに対応しており、今後近いうちに複数のブロックチェーンへも対応を開始していく予定だ。ただし、具体的なブロックチェーン名は未だ明らかになっていない。

また、Coinbase NFTはローンチ当初はイーサリアムのガス代以外には取引手数料がかからない設定になっている。今後、独自の手数料はかかってくる予定だが、それも安い水準のものになるという。

なお、同マーケットプレイスを利用するにはMetamask(メタマスク)やCoinbase Walletなどといったセルフカストディウォレットが必要となる。将来的には独自のNFTカストディサービスを提供し、コインベースの口座やクレジットカードを利用してNFTを購入できるようにするという。

コインベースのプロダクト責任者を務めるSanchan Saxena氏は、「(Coinbase NFTの)プラットフォームを通じて一般大衆にNFTを提供することが狙い」だと語った。

他にも、Coinbase NFT上で直接NFTを発行できるようになる機能も今後追加されていくという。

SNS機能が備わっている点など、他のマーケットプレイスにはないポイントが見どころのCoinbase NFTだが、今後OpenSeaをはじめとした主要NFTマーケットプレイスとどのように差別化を図っていくのか注目が集まることだろう。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会