月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 大坂なおみ選手、FTXのアンバサダーに就任 女性の暗号資産業界進出を促進へ

大坂なおみ選手、FTXのアンバサダーに就任 女性の暗号資産業界進出を促進へ

プロテニスプレイヤーの大坂なおみ選手が21日、米大手暗号資産(仮想通貨)取引所FTXのグローバルアンバサダーに就任した。同時に同社の株式も取得した。同日、FTXが発表した。

大坂選手は、暗号資産分野において女性たちの参加の増加や女性顧客を増やすための長期的なパートナーシップを締結。今後、大坂選手は包括的なパートナーとして、試合でFTXのロゴを入れたユニフォームを着用すると同時に、若い女性向けのコンテンツを共に制作していくという。

大坂選手はこれまでにグランドスラムで4勝を挙げている世界的なテニスプレイヤーだ。また、記者会見や日常生活を通じて社会的・人道的な活動を行い、メンタルヘルスの意識向上を広めることでも知られている。昨今、急成長する暗号資産の世界で女性が活躍できる環境について提唱していくことは、平等かつ文化を推進する大坂選手の活動の延長線上にあると言える。

大坂選手はコメントで、「暗号資産業界に参加している女性はまだ少ない、という統計があります。他の金融市場と比べるとまだ不平等さが目立ちます」とコメント。さらに、「暗号資産は男女共に誰もが参入でき、参加するにあたっての障壁を取り除く必要があります。そういう使命を持ち、より多くの人々がアクセスし、暗号資産市場を民主化するための新しい革新的方法を見いだすためにFTXと提携することができて興奮しています」と述べた。

今や世界的なテニスアイコンとなった大坂選手はFTXと提携する初めての女性プロアスリートとなった。FTXが世界をリードする暗号資産取引所として邁進するための資本活動にも参加する。そしてFTXと共に、故郷のハイチと日本の文化を取り入れた新しいコンテンツを創造し、演出、制作していく予定だ。大坂選手はマイアミ・オープンからユニフォームにFTXのロゴが入る。

FTXのサム・バンクマンフリード(Sam Bankman-Fried)CEOはコメントで、「FTXが暗号資産業界の最前線にいるように、私たちは社会変革の最前線にも立ちたいと思っています。大坂選手とのパートナーシップは、デジタル通貨とWeb3.0の未来により多様な声を反映させるという目標を後押ししてくれることになるでしょう。世界にポジティブなインパクトを与えることを目指します」と語った。

さらにFTXは大坂選手がナイキ(NIKE)、ローレウス・スポーツ・フォー・グッド(Laureus Sports for Good)と共同で設立した慈善団体「プレイアカデミー」にも寄付を行なう。

プレイアカデミーは2020年に東京で設立され、ロサンゼルスとハイチに支部を置くなど行動が広がっている。地域のスポーツ団体に助成金と能力開発のためのトレーニングなどを提供している。

FTXは昨年11月、エンゼルスの大谷翔平選手ともパートナーシップを締結し、報酬を暗号資産で受け取ることで話題になった。また、他選手やチームとも提携している。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会