月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • ウクライナ政府、資金調達を目的にNFTコレクションをローンチへ

ウクライナ政府、資金調達を目的にNFTコレクションをローンチへ

ウクライナ政府が資金調達を目的としてNFT(非代替性トークン)コレクションをローンチすることが明らかになった。NFTはロシア侵攻の歴史を表現したデジタルアートになる予定だという。13日、The Guardianが報道した。

ロシア侵攻が始まって以来、ウクライナ政府はビットコインやイーサリアムなどの暗号資産(仮想通貨)による寄付を世界中から集めており、すでに寄せられた寄付金は6000万ドル(約70億円)を超えている。

なお、ウクライナに送られた寄付の中には20万ドル(約2,350万円)相当の価値を有する「CryptoPunk」のNFTも含まれている。集められた資金は武器や暗視ゴーグル、防弾チョッキなどの購入、薬品や食糧に充てられたという。

今回発表されたNFTコレクションも、ブロックチェーンを活用したロシアのウクライナ侵攻に対抗する施策の1つだと言える。

ウクライナのAlex Bornyakovデジタルトランスフォメーション担当副大臣によると、コレクションに含まれるNFTはそれぞれ信頼のおけるニュース配信社のストーリーを象徴した博物館のようなものになるという。また、同氏は「我々はクールで見た目の良いNFTを求めており、それを実現するのには時間を要する」とコメントした。

ウクライナ政府からNFTがローンチされる具体的な日にちは明らかになっていない。また、Bornyakov氏はウクライナの「デジタル外交」もロシアを制圧するのに有効であったと付け加えた。

ウクライナ政府の要求に応じる形で、現在はFacebookなどのソーシャルメディアは「Russia Today」や「Sputnik」など、ロシア国営メディアをブロックする規制をかけている。

同氏は、「我々はソーシャルメディアのプラットフォームや国際企業に対して、ロシアをブロック、ロシアからの撤退、または情報ポリシーを完全に変更するように説得した」と伝えた。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会