月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • ビットポイント、「空から暗号資産を降らせる」エアドロップキャンペーン開催へ

ビットポイント、「空から暗号資産を降らせる」エアドロップキャンペーン開催へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットポイントジャパンは4日、サッカーJ1リーグ・サガン鳥栖のホームグラウンドである「駅前不動産スタジアム(佐賀県鳥栖市)」にて、ドローン330機を使い、暗号資産ジャスミー(JMY)のエアドロップイベントショーを開催すると発表した。

このイベントショー11日に行われ、330機のドローンが空に巨大なQRコードを表示させる。そのQRコードをスマートフォンなどで読み取ると特設ページにアクセスすることができ、ジャスミーが抽選で総額300万円分当たるオープンキャンペーン「エアドロップキャンペーン」に応募できる。空の空間にドローンがQRを表示し、暗号資産プレゼントという日本初のイベントショーとなる。

イベントショーは、サガン鳥栖のクラブマスコットの「ウィントス」がスタートの号令を掛けることで始まる。スタジアム周辺での参加はもちろん、Twitterでもリアル配信を行い、全国へライブ配信される。全国どこからでもこのイベントへの参加が可能だ。また、ショーの様子は動画配信され、ビットポイントの公式YouTubeチャンネルや、特設サイトにて期間限定公開される予定だ。雨天など悪天候の場合は延期される。

2021年に新作ゲームの発売記念として、中国・上海で行われたイベントにおいて、ドローンを使用した空中でのQRコードの表示は世界初の試みだった。QRコードを使用したキャンペーンはまだ数件と実施例も少ない。

暗号資産におけるエアドロップとは、無償で暗号資産をプレゼントするマーケティング方法ということが多い。今回、ビットポイントが実施するドローンショーは、エアドロップという言葉に絡め、空に表示された巨大なQRコードからキャンペーンに参加することで、「空から暗号資産が降り注ぐ」という印象を与える内容だ。

キャンペーンの概要としては、100万円相当のジャスミーが1名、10万円相当が10名、1万円相当が100名にプレゼントされる。参加者は、ジャスミーの受取先としてビットポイントの口座を指定するか、個人のイーサリアムネットワークの受金アドレスを指定する必要がある。

当日、駅前不動産スタジアムは関係者以外立入禁止となり、同スタジアム内でのドローンショーの観覧はできないため注意が必要だ。

引用元:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会