月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • バイナンス、独自ブロックチェーンを「BNBチェーン」へとリブランディング

バイナンス、独自ブロックチェーンを「BNBチェーン」へとリブランディング

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(Binance)は15日、独自のブロックチェーン「バイナンススマートチェーン(Binance Smart Chain)」を「BNBチェーン(BNB Chain)」にリブランディングすることを発表した。

これにより、コミュニティ投票等で用いられる「バイナンスチェーン(Binance Chain)」はBNBチェーンに統合されるという。

また併せて、独自暗号資産であるバイナンスコイン(BNB)についても、「ビルドアンドビルド(Build and Build)」へ、名称の意味を変更した。

バイナンスは今回の一連の名称変更について、「BNBの存在が暗号資産取引所バイナンスを超えるものとなったため」と説明。さらに、「いつか誰もがBNBを所有していることが我々のビジョンであり、そのためにBNBはより自由であることが必要」と述べ、バイナンスとBNBチェーンが別々の成長を遂げる必要があるとの旨を語った。

今後、BNBチェーンではメタバースを始め、GameFi、SocialFiといった分野で活用していく。特にメタバースについては、DeFi(分散型金融)のカテゴリーのひとつとして「MetaFi」を押し進めていくとしている。

バイナンスはこのMetaFiについて、専門家等が用いるメタバースの意味とは異なり、「すべてを包括するもの」「目的達成のための手段」という意味を指すと説明している。具体的には、DeFi、GameFi、SocialFi、Web3、NFTなど、あらゆる種類のプロジェクトを統合したもので、これらのカテゴリーの上にMetaFiがあるイメージだという。

MetaFiを通じて、デジタル資産を中心とした新しい機能を兼ね揃えているエコシステムの構築・成長とメタバースの採用を後押ししていくことを目標として掲げている。

なお、今回のBNBチェーンへの改名に伴い、BNBのバーン(焼却)を加速させることや、バリデーターセットの拡張などを目的としたアップデートを開始する。このアップデートは、BNBチェーンにおけるスケーリングの向上を図ることをはじめ、拡張性に重点を置いている。

今後、NFTやメタバースなどの分野でよりBNBチェーンを活用しやすいものにすることを念頭においた取り組みと言えるだろう。

具体的なアップデート日時等は公表されていないものの、よりBNBチェーンの利便性が向上するものであることから、暗号資産業界において注目が集まりそうだ。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会