月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 米司法省、Bitfinexから流出したビットコイン4,150億円相当を押収

米司法省、Bitfinexから流出したビットコイン4,150億円相当を押収

米司法省は8日、Bitfinexへのハッキングおよび不正流出した暗号資産(仮想通貨)のロンダリングを共謀したとして、ニューユーク市マンハッタンの夫婦2人を逮捕したと発表した。

Bitfinexのハッキング被害が起きた2016年当時、盗難されたビットコインは11万9754BTC(45億ドル:約5,200億円相当)に上り、今回の逮捕で押収されたのは約9.4万BTC(36億ドル:約4,150億円相当)だという。

今回逮捕されたIlya Lichtenstein容疑者(34歳)とその妻であるHeather Morgan容疑者(31歳)は、過去5年もの間、Bitfinexにハッキングをしたハッカーが盗難したビットコインを資金洗浄していたとみられている。

盗まれたビットコインのうち2.5BTCはLichtenstein容疑者のウォレットから移動され、複雑なルートを介してロンダリングされたが、最終的には容疑者らの金融口座に入金されていたという。

また、ハッキングによって取得されたビットコインは、当初2000以上の取引を経由した上でLichtenstein容疑者が管理するウォレットに送金されていたことが明らかになっている。容疑者2人は、違法に取得されたビットコインで金やNFT(非代替性トークン)など様々な物品の購入に使用していたという。

今回、容疑者らからビットコインを押収するにあたり、米特別捜査官らは捜索令状の元でLichtenstein容疑者が管理するオンラインアカウント内のファイルを調査した。容疑者が管理するファイル内に保存されていた秘密鍵にリンクされたウォレットにBitfinexから盗難された資金が直接送金されていたため、9.4万BTCの押収に成功したという。

今回の押収に関して、司法副長官を務めるLisa O. Monaco氏は「今回の逮捕、および史上最大級の資金押収によって暗号資産が犯罪者の聖域ではないということを示せた」とコメントしている。

Bitfinexは、盗難されたビットコインをユーザーに返却する権利を確立するために司法省と動いている段階であると発表した。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会