月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • YouTube、NFT関連サービスを導入か CEOが可能性を示唆
               
先行BitLending説明会

YouTube、NFT関連サービスを導入か CEOが可能性を示唆

大手動画プラットフォームのYouTubeが、NFT(非代替性トークン)関連サービスの導入を視野に入れているようだ。

CEOのSusan Wojicki氏は25日、YouTubeの2022年の優先事項に関するクリエイターへの公式ブログの中で、NFTを取り入れる可能性を示唆した。公式ブログでは、同社が「Web3.0(ブロックチェーンなどの分散型のネットワークを基盤としたWeb世界)が同社にとってインスピレーションの源になっている」と述べている。

Wojicki氏はNFTをどのように取り入れるのかについては明確にしていないものの、この技術がクリエイターの新しい収入源になる可能性があることを示唆した。

また同氏は「暗号資産、NFT、さらにはDAO(自律分散型組織)の世界におけるこの1年は、クリエイターとそのファンとのつながりを拡大する、これまで想像もできなかった機会を浮き彫りにした」とし、「我々は、クリエイターがNFTのようなものを含む新技術を活用できるように、YouTubeのエコシステムを拡張することに常に注力している」と説明した。

現在、YouTubeにおけるクリエイターに対する収入源は、広告収入のほか、「スーパーチャット」などが挙げられる。今後はこれらに加え、暗号資産やNFTが新たな収入源の1つとして加わる可能性が浮上したと言える。

Youtubeがクリエイターに対し、NFTをファンに直接販売することを許可すれば、よりNFT自体の認知も拡大するだろう。

なお、YouTubeは毎年トップクリエイターに対しギフトを贈っているようで、今年は NFTがプレゼントされたようだ。日本を代表する人気YouTuber・ヒカキンが24日に公開した動画では、YouTubeからギフトとしてNFTが贈られてきたことが報告されている。

2022年に入り、大手SNSによるNFTへの対応が次々と明らかになってきている。先日にはTwitterがNFTを使った最初の実験として、NFTのプロフィール写真を導入した。

また、FacebookとInstagramがNFTのマーケットプレイスやその他の機能の開発に取り組んでいることも報じられている。

世界的な動画共有プラットフォームであるYouTubeが持つ影響力は非常に大きいことから、今後、様々な企業や大手ゲーム開発者が追随する可能性は十分考えられる。

画像:Shutterstock