月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • ビットポイント、国内初のGameFi銘柄「DEAPcoin(DEP)」の取扱い開始へ

ビットポイント、国内初のGameFi銘柄「DEAPcoin(DEP)」の取扱い開始へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットポイントは20日、1月26日から暗号資産DEAPcoin(ディープコイン:DEP)の取扱いを開始すると発表した。

DEPはDigital Entertainment Asset Pte.Ltd(DEA)が運営するGameFiプラットフォームの「Play Mining」で使用されるNFT(非代替性トークン)を購入するために、ゲーム内で利用されるユーティリティトークンだ。

DEPは「日本で初めて流通するPlay to Earn(遊びながらお金を稼ぐ) トークン」である。そして、PlayMiningは「世界初のPlay to Earnトークンエコノミー」として、世界のGameFi業界を牽引している存在だとビットポイントは説明する。

PlayMiningは2020年5月26日にサービスを開始し、2022年1月現在、世界100ヵ国、230万人を超えるユーザーを有している。

PlayMiningでは、ゲームを遊ぶとDEPを獲得することができる。提供されているゲーム内容は、パズルゲームが主となる。同じ色のブロックをタップして消すパズルゲームや、DEPのシンボルマークを1番下まで落とせばクリアとなるゲーム、必殺技を駆使して高得点を目指すゲームなど、ルールは簡単で、短い時間で遊べるが、よく考えないとすぐに手詰まりになる戦略性の高いゲームが多い。

GameFiとは、「Game」と「Finance」を掛け合わせた造語。金融の仕組みが導入されたゲームを意味している。ブロックチェーンを基盤とする「NFTゲーム」や「ブロックチェーンゲーム」と称される領域の中で、特に「Play to Earn」の特徴を持つゲームを指すことが多い。

DEPの日本国内にける取扱いはビットポイントが初となる。同取引所では、DEPは現物のみの取扱いとなる。

ビットポイントではDEPの新規取扱いを始めるにあたり、キャンペーンを行う。期間中に累計で1万円以上の入金で1,000円相当のDEPを付与するキャンペーンや、DEPを購入することで購入金額の10%相当のDEPをプレゼントするキャンペーンなどを予定している。

さらに、「保有キャンペーン」や「貸して増やすキャンペーン」、「フォロー&RTキャンペーン」など、多角的なキャンペーン展開を行うとしている。

そして、期間中にビットポイントで40万円以上、もしくは400万円以上のDEPを購入し、加えてPlayMiningIDおよびウォレット保有するユーザーに対して、人気漫画「地獄先生ぬーべー」の岡野剛氏書き下ろしのRare NFTがプレゼントされる。このNFTはカードバトルゲーム「JobTribes」で利用できるプレミアムNFTだという。

画像:ビットポイント

                                   
先行BitLending説明会