月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • クロアチアの大手スーパー・Konzum、暗号資産決済導入へ

クロアチアの大手スーパー・Konzum、暗号資産決済導入へ

クロアチアの大手スーパーマーケット・Konzumは1日、インターネットショップで暗号資産(仮想通貨)による支払い受付を始めたと発表した。ビットコインをはじめ、様々なアルトコインでの決済を可能とした。現在、インターネットショップで日用品、食品合わせて1万2,000以上の物品購入の際に、暗号資産を支払手段として利用できるようになっている。

このショップでは、カード決済と同じくらいスムーズに暗号資産による支払いを行うことができる。顧客は9つの暗号資産の中から選択するだけで支払いが可能だ。

今回の取り組みはフィンテック企業Electrocoinとの提携によって実現した。同社が手がけた暗号資産決済サービス「PayCek」のシステムを利用している。PayCekは暗号資産における価格のボラティリティの高さを緩和し、価格変動リスクを下げ、決済時にクライアントに設定されている取引レートが混乱しないようにする技術を導入している。これにより、購入を開始した時点でレートが固定される。

現在利用できるのは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ステラ(XLM)、イオス(EOS)、テザー(USDT)、USDコイン(USDC)、Dai(DAI)、リップル(XRP)だ。

金融IT専門家であり、幹部のUros Kalinic氏は「暗号資産支払いの導入は、Konzumが定期的に世界的な流行をチェックし、開発を提示、小売市場での先端にいることを示す。私たちは革新的な技術やテクノロジーを活用することで、より多くの人々に、より良いサービスを提供することができるようになる」とコメント。

さらに、「約65年の歴史のなかで業績や技術的な面で国内小売市場をリードしている小売チェーンとして、急速に発展し、未来を形成している別の分野のリーダーとなれることを誇りに思う」と述べた。

Konzumはクロアチアで700店舗以上を運営しており、1万人以上の従業員がいる大手スーパーマーケット。バルカン地域で最も大きな食品製造・小売企業「Fortenova Grupa」のグループ企業だ。観光客も多く利用しているという。

Konzumでは、今後数ヶ月以内に暗号資産決済を全国の実店舗でも可能にする計画だ。

クロアチアでは、2019年12月から郵便局が暗号資産を自国通貨クロアチナクーナ(HRK)へ現金化するサービスに乗り出し、2021年2月には全土でガソリンスタンドを展開している「Tifon」が、PayCekでの暗号資産決済を取り入れるなど、暗号資産の定着化に向けた動きが活発になっている。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会