月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • エルサルバドル政府、ビットコインを420BTC買い増し

エルサルバドル政府、ビットコインを420BTC買い増し

エルサルバドル政府がビットコインの買い増しを行なったことが明らかになった。今回の買い増しで、新たに420BTCを購入したという。28日、エルサルバドルのNayib Bukele大統領がTwitterで発表した。

Bukele大統領はTwitterにて、「長い間待ち続けたが、その価値はあった。我々は押し目買いを完了した!新たに420BTC(を購入した)」と投稿し、政府がビットコインの買い増しを行なったことを明かした。

エルサルバドル政府が今回購入したビットコインは記事執筆時点で約28億円相当であり、数量は1度の買い増しとしては過去最大となる。

今までに同国政府は、9月7日にビットコイン法を施行してからの2ヶ月間で4度に渡りビットコインを購入している。具体的な購入日時と数量、そして当時のビットコインの価格は次の通りである。

  • 9月7日 200BTC(5万1300ドル)
  • 9月7日 200BTC(5万1500ドル)
  • 9月8日 150BTC(5万2000ドル)
  • 9月20日 150BTC(4万5700ドル)

今回の押し目買いは、先週ビットコインが過去最高値を更新して6万7000ドル(約762万円)まで上昇した後、28日に6万ドルまで下落したタイミングで行われた。この買い増しを経て、エルサルバドル政府によるビットコインの平均購入価格は約5万3300ドル(約605万円)になったとされている。

これまでにエルサルバドル政府が公表している内容を踏まえると、現在同国が保有しているビットコインは1120BTC(約75億6,000万円相当)に上る。

Bukule大統領のツイートによると、同国のビットコイン信託で発生する含み益は米ドルとして引き出され、同信託の総価値は一定に保たれる仕組みになっているという。

記事執筆現在において、ビットコイン価格は約5万9000ドル(約670万円)であるため、平均購入価格を照らし合わせると、エルサルバドルはビットコインへの投資を通じて638万ドル(約7億2,500万円)相当の含み益を得ていることになる。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会