月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • プロ野球で初事例 西武ライオンズがNFT販売へ

プロ野球で初事例 西武ライオンズがNFT販売へ

株式会社西武ライオンズとパシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)は7日、同日よりプロ野球チーム・西武ライオンズの公式NFT(非代替性トークン)商品の販売を開始すると発表した。日本のプロ野球チームがNFTを販売するのは初となる。

プレスリリースによると、このNFTはPLMが運営するNFTコンテンツを取り扱うWebプラットフォームサービス「PLM COLLECTION(PLMコレクション)」にて販売される。

PLM はPLM COLLECTIONについて、「あらゆるコンテンツホルダーによるNFTを活用した販売プラットフォームサービス」と説明している。将来的には、スポーツコンテンツホルダーのみならず、他業種のコンテンツホルダーに向けたプラットフォームサービスの構築や、プラットフォーム内で購入したNFTコンテンツを利用者同士で売買できるサービスの展開も視野に入れている。

今回販売されるNFTは、栗山巧選手が先日達成した通算2000安打を記念して作成したものなど4種類。あ栗山選手が今月4日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦で2000安打を達成した際に球場で掲げた記録達成パネルや、西武線沿線などで通算2000安打達成に向け展示されていたカウントアップパネル「KURI-METER」など、一部の商品はNFT化されたデジタルデータと現物をセットにして数量限定で販売するという。

今後は「PLM COLLECTION」に二次流通機能を実装し、ユーザー同士の売買や譲渡も可能にすることを目指しているようだ。

西武ライオンズとしても、観客の動員制限がかかるなか、NFT商品の一次販売による売上、将来的にユーザーが行うNFT商品の売買によって発生する還元金などで、新たな売上の増加を狙う。

今回の発表に際し、PLMの事業開発本部NFTコンテンツ事業ディレクターである高木 隆氏は、「西武ライオンズと歴史的な一歩である日本プロ野球界初のNFTコンテンツ事業を開始することができ、大変光栄です」とコメント。

また、「将来的には、ファンが集うコミュニティ創生や他コンテンツホルダーさまのプラットフォームサービスの構築も視野に革新的なNFT事業領域において挑戦してまいります。今後の展開にご期待ください」と抱負を語った。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会