月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • ドージコイン前日比100%高騰で史上最高値更新 時価総額も8位に

ドージコイン前日比100%高騰で史上最高値更新 時価総額も8位に

暗号資産(仮想通貨)ドージコイン(DOGE)価格は16日、31.76円(CoinMarketCap参照)をつけ史上最高値を更新した。

これに伴い、暗号資産時価総額もユニスワップ(UNI)やライトコイン(LTC)を抜き全体で8位に上昇した。記事執筆時点のドージコイン価格は27円付近を推移している。

柴犬の顔をロゴにしたドージコインはIBMのエンジニアBilly Markus氏と、AdobeのエンジニアJackson Palmer氏がネット上のジョークコインとして2013年に開発した暗号資産だ。

実際に、ドージコインは技術的にユニークな特性を有しておらず、主なユースケースも決済手段が中心だ。

2018年8月にドージコインはイーサリアムブロックチェーンとの互換性を強化するプロジェクト・ドージサリウム(Dogethereum)発表し、価格が急騰する局面もあったが、開発は資金不足のため途中で止まってしまった。

再びドージコインが注目を浴びたのは今年1月28日から29日にかけてのことだ。米人気掲示板Redditの株取引コミュニティーに集まった個人トレーダーが協調して、1ドージコイン価格が0.7円ほどから7円ほどと、約1100%増の驚異的な上昇を記録し、暗号資産業界で話題になった。

1月28日に0.7円だったドージコイン価格が、本日31円以上の価格を付けたことで、約3ヶ月で40倍以上価格を上昇させたことになる。

Redditの掲示板を発端とした価格上昇から認知度が一段と高まったドージコインだが、米EV自動車メーカーのテスラ社CEO、Elon Musk(イーロン・マスク)氏の発言も価格を押し上げる要因になっている。

2019年からマスク氏は、自身のTwitterで頻繁にドージコインについて触れており、そのたびに同銘柄の価格が高騰している。

テスラ社と並び、宇宙ロケット開発企業スペースXでもCEOを務めるマスク氏は、今月1日に「ドージコインを月へ連れて行く」とツイート。その直後に価格は数分で35%も上昇した。

また13日には、米マイアミ有数のナイトクラブの1つ「E11EVEN」が、テーブル、ドリンク、商品などの決済手段としてドージコインを取り入れることを発表した。

最近では、米NBAのダラス・マーベリックスのオーナーであるMark Cuban氏がドージコインを保有する方針を示した。同チームは今年3月、試合のチケットや関連商品を購入する際の決済手段で採用。チケット購入の決済に使われたドージコインは現物のままチームが保有するという。

エンジニアの遊び心から生まれたドージコインだが、昨年から続くビットコインを中心とした暗号資産の連れ高もあり上昇を続けている。他暗号資産と比べ特色のないドージコインだが、暗号資産時価総額ランキングで8位まで上りつめた。

今後、ドージコインの知名度が高まるに連れ、利用機会が増える可能性は高い。

画像:Shutterstock