月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • SBI VCトレード、貸暗号資産サービスの提供を開始

SBI VCトレード、貸暗号資産サービスの提供を開始

国内暗号資産(仮想通貨)取引所SBI VCトレードが、貸暗号資産サービス「VCTRADE LENDING」開始した。24日、同社がプレスリリースで発表した。

貸暗号資産では、ユーザーが保有している暗号資産をSBI VCトレードに貸し出すことで、「貸した数量」と「貸し出し期間」に応じて利用料が受け取れる。別名、「レンディングサービス」とも呼ばれている。

SBI VCトレードは、同社で貸暗号資産サービスをするにあたって、以下のメリットを挙げた。

  • 高い信頼性
    貸暗号資産サービスのリスクの一つに貸し出し先の破綻リスクがある。
    SBI VCの貸暗号資産サービスにおけるユーザーの貸し出し先は、すべて高い信頼性を誇るSBIグループ企業となるので、安心して利用できる。
  • 最適な取引機会の提供
    SBIグループのノウハウと豊富な実績によりマーケットに即した適正な商品を組成し、より多くの取引機会を提供する。

またサービス詳細として以下を挙げた。

  1. 取り扱い銘柄:ビットコイン(BTC)
  2. 利用料:年率1.0%(税込)
  3. 貸出期間:84日
  4. 最小貸出数量:0.1BTC
  5. 最大貸出数量:5BTC

SBI VCトレードは、まず貸暗号資産のサービスとしてビットコインを取り扱う。

今後、イーサリアム、リップルなどの追加、貸出期間の種別等、サービス拡充について準備を進めているという。

今年に入り、国内暗号資産取引所はレンディング、貸暗号資産といった名称で、ユーザーから暗号資産を預かるサービスの提供を始めている。

主な取引所では、コインチェック、BITMAX、ビットポイント、GMOコインなどが挙げられる。

各取引所によって貸し出し期間や貸し出し最低価格、年利など多様に渡っているが、銀行にお金を預けるのと比べて、利率が高いのが魅力だ。

ただ、貸し出した暗号資産は原則として予め定められた契約期間を経過するまでロックされることなど、各社一定の規定もある。

SBI VCトレードは、SBIグループの10月に行われた決算報告会で、11月に貸し暗号資産のサービスを開始することを予告していた。

暗号資産価格が上昇している今、中長期投資を目的としている投資家にとっては、貸暗号資産サービスは魅力的なサービスと言える。

画像:Shutterstock