月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • ConsenSys、香港とタイが共同で進めるクロスボーダー決済プロジェクトへ参加

ConsenSys、香港とタイが共同で進めるクロスボーダー決済プロジェクトへ参加

イーサリアムブロックチェーンに特化したソフトウェア開発・投資事業などを行うConsenSysは25日、香港通貨庁(HKMA)とタイ銀行(BOT)が共同で進める「Inthanon-Lionプロジェクト」の支援企業として香港通貨管理局から選ばれたことを公式ブログで明らかにした。

Inthanon-Lionプロジェクトは、中央銀行が発行するデジタル通貨(CBDC)のクロスボーダー決済への適用を検討するもので、2019年にHKMAとBOTが覚書に署名し開始された。

ConsenSysはPricewaterhouseCoopers Limited(PwC)とForms HKとともに、Projectの第2実施フェーズに取り組むとのこと。

発表文で、ConsenSysは過去に主要銀行とも取引しており、シンガポール通貨庁や南アフリカ準備銀行などに分散型決済ネットワークを設計・提供してきた実績があると説明。現在、金融市場のデジタル化とグローバル化の向上を可能にする技術開発の最前線にいると語った。

今回選ばれたたプロジェクトでは、ConsenSysのエンタープライズ向けのイーサリアムブロックチェーンを使用し、スケーラビリティ、セキュリティ、相互運用などを優先したソリューションに関してテストを行うようだ。

ConsenSys香港のディレクターであるCharles d’Haussy氏は、今回の採択について「クロスボーダー決済のためにCBDCの実装をリードできることを嬉しく思う。香港の金融インフラ発展に携わることを光栄に思う」と述べている。

Inthanon-Lionプロジェクトは昨年12月にプロトタイプを完成させており、今年1月には共同研究の成果を報告書として公表している。

報告書では、分散型台帳技術に基づく概念実証(PoC)が有効であることや、リアルアイムな銀行間での資金移動、流動性管理、外国為替、規制遵守など主要な知見を紹介している。

その後、両者はさらなるクロスボーダー資金移動試験に向け、銀行への参加呼びかけや、他のプラットフォームとの関連性を探り、共同開発を進めるとしていたが、これまで具体的な内容については明らかにされていなかった。

画像:Shutterstock

コインチェック GMOコイン