月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 日立ソリューションズ、国内初となるイーサリアム基盤の代理店契約

日立ソリューションズ、国内初となるイーサリアム基盤の代理店契約

日立ソリューションズは30日、イーサリアム共同創設者のジョセフ・ルービン氏が率いるコンセンシス(ConsenSys)社と協業し、企業向けイーサリアム基盤である「PegaSys Plus(ペガシスプラス)」の販売代理店契約を締結したと発表した。
プレスリリースによると、PegaSys Plusの販売代理店契約を結んだのは日立ソリューションズが国内初となるという。
同基盤の販売は今年4月1日より開始するとのことだ。
PegaSys Plusは分散型アプリケーションの構築環境を提供するイーサリアムブロックチェーンプラットフォーム。
これを活用することにより、デジタル資産の取引や金融商品のデジタル化、ポイントや電子クーポン、サプライチェーンマネージメント、所有権や履歴、または原本証明など、さまざまな分野での取引に関する業務を効率化することができると日立ソリューションズは説明した。
また、コンセンシス社との協業の背景として、ブロックチェーンはあらゆる分野でビジネスモデル変革の手段として注目されているが、それを支える基盤はオープンソースが中心で、さまざまな種類が乱立していると指摘。
さらに、その基盤が抱える問題も多く、ビジネスに適用する際にも問題が生じるケースがあるという。
そういった状況を改善すべく、実績のあるイーサリアムプロトコルをベースで、コンセンシス社の製品サポートを受けることができるPegaSys Plusを販売し、アプリケーション開発を支援するという。
日立ソリューションズは今後、PegaSys Plusを用いた分散型アプリケーション開発環境の導入から構築、運用、教育までをトータルにサポートするソリューションを提供していくとしている。

コインチェック GMOコイン