月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 中国、ブロックチェーンでコロナウィルス対策

中国、ブロックチェーンでコロナウィルス対策

中国各地で、新型コロナウイルスの感染を抑制するため、ブロックチェーン技術を使って医療データやウイルス予防薬品のサプライチェーン管理を試みる動きが始まった。
17日、中国「人民日報」が報道した。
報道によると、2月に入ってから20個以上のブロックチェーン技術を使ったアプリがローンチされたという。
今回、ローンチされたアプリは主に、マスクなどの医療物資を届ける際の輸送管理や、オンラインでの診察で活用されているそうだ。
西安市では、患者のプライバシーを損なうことなく医療記録を安全に管理するためにブロックチェーン技術が使われているという。
またAlipayは情報管理用のモバイルアプリを開発。
浙江省の機関が主導し、救援物資の需要や供給、そして物流の管理に利用する。
山東省にある「山東財経大学」はコロナウイルスの拡大を抑止するため、教職員や学生の行動情報を管理する「ブロックチェーン新型肺炎情報観測システム」をローンチした。
同大学によると、中国各地から学生が集まり、同じ空間で過ごす学校内は、感染症の拡散リスクが非常に高いという。
関係者の移動や教室などの入室、指導教員との連絡体制を一元管理できるシステムが必要になったためブロックチェーン技術を使ったアプリの開発に至ったという。


コインチェック GMOコイン