月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • GMOが日本円連動コインの実証実験開始

GMOが日本円連動コインの実証実験開始

GMOインターネット株式会社(以下、GMO)は、23日、2020年上半期の提供に向け準備を進めている日本円と連動したステーブルコイン「GMO Japanese YEN(GYEN)」について、土台となるブロックチェーンの内部実証実験を開始したことを発表した。
GMOでは2017年5月には暗号資産事業を開始し、同年12月にはマイニング事業もスタートさせた。
さらに「決済」の領域について、暗号資産の優位性と安定した価格のステーブルコインに着目し、調査・研究を続けてきた。
今回、「GYEN」のブロックチェーンの開発が完了したことを受け、次のフェーズとして内部における実証実験を行う運びとなったという。
GMOは来年上半期の提供開始に向け準備を進め、規制を遵守するステーブルコインとして海外で「GYEN」の提供を開始する予定だ。
現時点において日本国内での提供については明らかにされていない。
GMOは、「将来的にボーダレスな決済・取引通貨としての仮想通貨の活用や、フィンテック分野におけるブロックチェーン技術の活用を見据え、「GYEN」の2020年上半期中の発行に向けた準備を進めてまいります」と抱負を述べている。

コインチェック GMOコイン