月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • フランスの政府機関がICOを初承認

フランスの政府機関がICOを初承認

フランスの金融規制当局であるAMF(Autoritedes Marches Financiers)は、国内初となるICOの申請を承認した。
19日、海外メディア「Finance Magnates」が報道した。
今回の承認は「フレンチICO(French-ICO)」が行うICOだ。
French-ICOは暗号通貨プロジェクトに資金を提供するプラットフォームを開発している企業で、AMFが監督するICOでは第1号のホワイトリスト入りとなる。
ICOの承認期間は2020年6月1日まで。
この期間に企業がICOを実施しなかった場合、承認は無効となる。
AMFは今年初めに3~4社のICO候補企業との協議を重ねていたが、その中の1社である「French-ICO」のICO承認が決まった。
フランスでは昨年、詐欺行為が横行するなどリスクも大きいICOを規制する「企業の成長・変革のための行動計画に関する法律(PACTE)」を同国の議会が承認した。
ICOに関する既存の法的枠組みを作ることで、世界中から投資家を呼び込むという期待があったという。
PACTEよってICOによる資金調達を行うプロジェクトは、フランス国内の証券市場も管理するAMFからのライセンス承認が必要となり、暗号資産投資家の利益を保護する法律も整備されている。

コインチェック GMOコイン