月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • ビットバンク、国内初のライトニングネットワーク活用に向けたアプリケーションを公開

ビットバンク、国内初のライトニングネットワーク活用に向けたアプリケーションを公開

国内暗号資産(仮想通貨)取引所ビットバンクは16日、ライトニングネットワーク(Lightning Network)の実用化に向け、独自開発アプリケーション「NLoop」を公開した。今後、ビットバンクにおいてライトニングネットワークを活用した入出金の実装も検討を進める。

ライトニングネットワークとは、ビットコインのブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ(拡張性)や処理速度、送金に係る手数料などの課題を解決するために考案されたレイヤー2の技術。オフチェーンで取引を実行することで、送金速度の大幅な向上や少額決済に対応した安価な送金手数料を実現することができる。

NLoopとは、ビットバンクが独自開発したソフトウェアで、ライトニングネットワークを安定して使用するために用いられる。ネットワークの参加者が世界の様々なリクイディティプロバイダ(流動性提供者)に接続して、チャンネルを常に使用可能な状態に保つ処理を行うことを自動化するアプリケーションだという。

ビットバンクによれば、ライトニングネットワークを普及させていく上で課題となっていた流動性不足に対するソリューションとして機能する。

また同社によると、ライトニングネットワークにおいて、リクイディティプロバイダとのやり取りを自動化するアプリケーションは国内初の事例だという。将来的には、ビットバンクにおけるビットコインの入出金への活用も視野に入れているようだ。

Lightning Networkを活用することで、スムーズな入出金を可能にし、裁定取引(アービトラージ)などにおける利便性を高めるだけでなく、少額決済など様々な送金需要に対応した機能性を実現することができる。

NLoop開発者でビットバンクシステム部門に所属する宮本丈氏は「インターネットオブマネーであるビットコインには、ライトニングネットワークへの接続を担保する Lightning Service Provider (LSP) という主体が必要になります。現在『暗号資産取引所』と呼ばれているものの多くは、近い将来 LSP になると私は考えています」とコメントしている。

画像:ビットバンク

                                   
先行BitLending説明会