月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • コインチェックとThe Sandbox、メタバース上の都市「Oasis TOKYO」を開発へ

コインチェックとThe Sandbox、メタバース上の都市「Oasis TOKYO」を開発へ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックおよびゲーム分野においてメタバースの活用を推進するThe Sandbox(ザ・サンドボックス)は31日、コインチェックが保有するThe Sandbox上の土地「LAND」にて、2035年の近未来都市「Oasis TOKYO」を制作するプロジェクトを開始したと発表した。2022年春に一般公開を予定している。

今回建設する「Oasis TOKYO」は、「2035年の近未来都市」をコンセプトにしたメタバースとNFT(非代替性トークン)を組み合わせたコミュニティ拠点。日本を連想させる象徴的な街並みの中に美術館やステージなど様々なイベント施設を設置し、様々な分野のアーティストとファンとの交流や企業のコミュニティ育成の場として活用してもらうことを目指しているという。

コインチェックとThe Sandboxは2020年9月にパートナーシップを締結。NFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」でのLANDの販売など、日本市場でのThe Sandboxの認知拡大を推進してきた。

コインチェックの執行役員である天羽健介氏は、「NFTはメタバースと非常に親和性が高く、NFTやブロックチェーンを既に取り入れているメタバースである『The Sandbox』は世界で最も有力なメタバースの1つになると考えています」とコメント。

The Sandboxは、ユーザーがメタバースと呼ばれる仮想空間の中で、ボクセルアートのアバターや建物などのアイテムやゲームを作成して遊ぶユーザー主導のゲームメイキングプラットフォーム。また、SANDトークンを導入することで、Sandboxは分散型ガバナンスを促進し、ユーザーがプロジェクトの発展について意見やアイデアを共有することを可能にした。

先駆けてゲーム業界にブロックチェーンを導入したプラットフォームであり、業界のビックネームから支援と投資を集めている。

先日も、世界3大レーベルのひとつであるワーナー・ミュージック・グループ(WMG)が、The Sandbox内に音楽をテーマにした新しいテーマパークを展開すると発表。さらに、世界4大会計事務所の1つであるプライスウォーターハウスクーパース(PwC:PricewaterhouseCoopers)の香港支社も昨年12月にLANDを購入したと発表するなど、大手の参入事例が増加しつつある。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会