月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • KDDIなど4社、デジタル通貨の決済処理などの自動化を実証実験

KDDIなど4社、デジタル通貨の決済処理などの自動化を実証実験

KDDI、auフィナンシャルホールディングス、ウェブマネー、ディーカレットなど4社は、ブロックチェーン上に発行するデジタル通貨に関する共同検証を実施することを発表した。
18日、検証4社がプレスリリースで明らかにした。
本日より2月28日までの期間、ディーカレットが構築したプラットフォームを活用してデジタル通貨の発行から、流通、償却を検証し、実用化に向けた課題の洗い出しを実施する。
具体的な検証内容として「デジタル通貨の発行から流通、加盟店での売上金の精算による法定通貨への償却」といった、独自デジタル通貨の発行管理に関する一連の業務プロセスを可能な限り自動化する技術検証を行う。
デジタル通貨は、資金移動業登録業者である「ウェブマネー」が発行し、KDDIが共同検証の参加者に配布する。
参加者は、検証用のカフェにてデジタル通貨を決済利用するという。
また、カフェでの購入代金は、前日との気温差に応じて、低い場合はホット飲料の「値段を下げる」など自動割引の有効性も合わせて検証する。
共同検証をする4社は、スマホ・セントリック(スマホに集約された状態)な決済・金融体験を提供する「スマートマネー構想」を掲げ、その実現に向けて、サービスの研究を推進している。
今後、4社は、「共同検証の成果をもとに、プラットフォームの活用およびブロックチェーン上に発行するデジタル通貨の普及に向け、さまざまな検討をしていく」と説明している。

コインチェック GMOコイン