月間暗号資産

  • HOME
  • FEATURE
  • 2019年6月号-ジョゼフ・ルービン氏独占インタビュー

2019年6月号-ジョゼフ・ルービン氏独占インタビュー

2019年4月20日(土)発売の月刊仮想通貨6月号Vol.15より

ブロックチェーンのすべてを知る男が語る「業界の近未来」

–Ethereumの共同創設者としてブロックチェーン業界に参加することを決めた要因について教えてください。

「サトシナカモトのビットコインのホワイトペーパーを初めて読んだときに、基礎となるブロックチェーン技術の可能性を感じました。ブロックチェーン技術はその分散化されて安全なアーキテクチャによって、仲介者がなくても価値の移転/移行(トランスファー)が可能になるという点で革命的です。
 私はイーサリアムプロジェクトの8人の共同創設者の1人として参加し、プロトコルのさらなる開発を監督するための基盤であるEthSuisseのCOOを務め、2015年に最初のイーサリアムブロックが稼働しました。
 また、私はコンセンシスの名で知られているConsensusSystems LLC(コンセンサスシステム合同会社)を立ち上げ、コアインフラストラクチャを構築し、イーサリアムベースの分散型アプリケーション(DApps)のインキュベートをしました」

–ホームページやあなたへのインタビューなどを見たところ、ConsenSysの使命はブロックチェーン業界の基盤となる技術を提供することだと感じました。ConsenSysが企業として目指しているものについて教えてください。

「その通りだと思います。コンセンシスはブロックチェーンの理念(哲学)を核(中心)として、それぞれの地域や分野で多くのリーダーをおいて分権化していて、ブロックチェーンの特性に似た方法で機能するように計画的に会社を設計しています。私たちは誰もが利用できるように、ブロックチェーンエコシステムを開発したいと思っています。
◉ Infura
 パブリックブロックチェーンインフラストラクチャのための私たちの使いやすいAPIは、開発者がEthereumのメインネットにアクセスするのを助けます。Infuraは毎日100億を超える
要求を処理し、5万人を超える開発者と分散型アプリケーション(dApp)にサービスを提供してきました。
◉ MetaMask
 ユーザーがEthereum dappを実行したり、完全なEthereumノードを実行しなくても自分のブラウザでIDを管理できるようにしたりするというような、人気のブラウザ拡張機能です。
◉ PegaSys
 エンタープライズグレードのパブリックネットワーク互換のJavaベースのアプリケーションクライアント。当社のプロトコルエンジニアリングチームはPegaSysを使用して、企業がEnterprise Ethereumのユースケースを
調査できるようにします。
◉ Alethio
 ユーザーがリアルタイムでブロックチェーンデータを視覚化し、解釈し、そして反応するのを助ける私達の分析プラットホーム。
◉ Kaleid
 私たちのブロックチェーンビジネスクラウドサービスは、初めてのオールインワンの企業ブロックチェーンであるサース(SaaS)プラットフォームであり、プライベートブロックチェーンネットワークの作成と運用を簡素化します。Kaleidoは現在1200以上の企業ネットワークをサポートしています。
◉ Truffle
 スマートコントラクト/分散型アプリケーション開発およびテスト環境に広く使用されているフレームワーク。
 私たちの目的は、オープンでより公平なインターネット経済を促進することです。これは、単一の支配主体に依存することはありません」

–いくつかのメディアで「ブロックチェーンが社会に浸透し、最終的には全てがWeb3.0でネットワーク化される」との発言をしていますね。「Web3.0」によって私たちの生活や社会はどのように変わるのでしょうか?

「現在、インターネットはWeb2.0と呼ばれる状態にあり、インターネットの速度が速いとほぼ即時の通信が可能になり、コンテンツの生成と共有が容易になります。Web2.0は非常に豊かになっていますが、信頼とデータの主権に関する問題がますます明らかになっています。
 Blockchainは、情報のディストリビューション(配布)とホスティングが分散化されている分散インターネットであるWeb3.0を可能にします。つまり、自由度とアクセスのしやすさが増し、ユーザーが自分の身元を含む自分の個人データを管理および所有する場所が増えます。
 Web3パラダイムの下では、Facebookのようなソーシャルプロファイルから重要な健康データまで、私たちはすべてのデジタルIDについて自律性を保ち、これは他者がマネタイズする(収益化する)のではなく、自身の価値を作り上げます」

–あなたがブロックチェーン技術の活用という面で、注目している分野とその理由について教えてください。「ファイナンシャルセクターは、ブロックチェーン技術を利用することによって恩恵を受ける最も初期の、そして最も明白なセクターの1つです。その理由の1つは、bitcoinです。これは非効率的かつグローバルな金融システムに対応するためにサトシナカモトが意図的に作成したものだからです。
 Ethereumは、ブロックチェーンにプログラム可能なスマートコントラクトを追加することに
よって、ビットコインテクノロジーのアイデアを基にしています。
 これらのスマートコントラクトのユースケースを提供するように設計することができます。金融サービスのためにこれらは決済、認証、および反マネーロンダリング防止のような機能を果たすことができます。
 他の分野でスマートコントラクトの活用の利用を模索し続けているうちに、私たちの社会が機能できる新しい方法を想像するのはとても興奮します。サプライの起源と目的地を追跡する不正開封防止レコードを作成することで、サプライチェーン管理にEthereumを利用できます。これにより、食品の安全性と医療サプライチェーンの整合性が向上します。
 12月には、自社製品の1つであるBounties Networkを使用して社会的インパクトプロジェクトをテストしました。ネットの参加者が自らフリーランスのタスクを設定して、フリーランスの労働者がトークンで報酬を受け取るようにできます。
 私たちは、ブロックチェーンが地域社会の草の根活動を社会的利益のために自己組織化するのにどのように役立つかをテストするためにマニラ湾で海洋浄化を行いました。ブロックチェー
ンで報酬を稼ぐことで、私たちはすべての報酬が常に労働者に支払われることを保証し、仲介者の必要性を排除しました。これは将来の仕事のためのより効率的でより安いメカニズムです」

–日本では「ブロックチェーンに興味を持つ人が増えている一方で、ブロックチェーンエンジニアの数はまだすくない」との報道がよく見られます。将来的に、ブロックチェーン業界で必要とされる人材とはどのような能力を持った人でしょうか?

「ブロックチェーンエンジニアは多目的です。なぜなら、プロトコルからソフトウェアスタックのフロントエンドに至るまでコードを書いているだけでなく、新しいインセンティブシステムを作成しようとしているからです。
 これらのプロジェクトの多くは学術的であり、法律から教育、デザインから経済学、政治経済までを必要とします。ConsenSysと同じように、あらゆる種類のスキルが必要です。
 ConsenSysでは、私たちは自分自身と私たちのコミュニティのために責任を取ることの価値を強調しています。これは私たちが探している重要な特徴です。なぜなら、私たちはブロックチェーンの分散型インフラストラクチャーに続いて自分自身をモデル化しているからです。
 私たちはビジネス、企業または地域の機能において他の責任を担う人々もまた雇います。私たちは問題解決のスキルと適応性を持っている人を探します」

–1月に、あなたがErisXの取締役に就任したというニュースがありました。なぜErisXに取締
役として関わることを決めたのですか? 今後、ErisXは暗号通貨業界にどのような影響をもたらすのでしょうか?

「ErisXは、規制要件に準拠した公正で透明な取引プラットフォームを提供することを約束するデジタルアセット取引所です。透明性は私たちにとって重要な価値で、開かれたインターネット経済を促進するという私たちの目標と提携されます。
 準拠することで、ErisXは投資家やレギュレーターにデジタルアセットトレードが発展し成熟し続けているというさらなる保証を提供します。ErisXは、デジタルアセット会社と伝統的な資産会社の両方から投資を引き付けることに成功しており、そのことは彼らの価値創造に対する市場の信頼を示しています。これは、デジタルアセットへのアクセスをさらに民主化する、より幅広いエコシステムへの奨励するステップとシグナルです」

–昨年末のツイートで、憶測や妄想によって市場の低迷が引き起こされていると指摘していました。暗号通貨に詳しくない個人投資家や、投資経験が浅い人が今後投資をしていくうえで心がけるべきことなどのアドバイスをください。

「私たちはソフトウェア会社であり、金銭的なアドバイスはしません。アセットクラスとしてこのテクノロジーに興味がある人にとっての最善の方法は、特定のコンシューマトークンまたはブロックチェーンプラットフォームのメリットを自ら判断するために、競合し矛盾する多数の考え方を調べて読むことです。私たちのコンテンツを日本語に適応させたり翻訳したりすることに加えて、私たちは興味のある人たちのためにもっと教育的なコンテンツを作り出すつもりです。
 これが、私たちが良質のブロックチェーン教育とリソースを提供する私たちの教育機関である
ConsenSys Academyを設立した理由でもあります。
InfoSysや韓国のSKHoldings C&C、ドバイ市などの自治体など多くの政府や企業パートナーをトレーニングしました。もちろん、日本の新しいパートナーと一緒に仕事をすることを楽しみにしています。オンライン教育サービスCourseraを通じて、トレーニングをオンラインで利用できるようにしました。私たちはまた、開発者の集まりやハッカソンなど、コミュニティのさまざまな活動を通じてエコシステムを支援し、情報と認識の基準を引き上げる手助けをします」

(写真:Jesse Dittmar/Redux/アフロ)

コインチェック GMOコイン