月間暗号資産

  • HOME
  • KNOWLEDGE
  • 暗号資産の基本 暗号資産の取得方法

暗号資産の基本 暗号資産の取得方法

暗号資産の買い方および取得方法

さて、これまで暗号資産やブロックチェーンのことを色々と振り返ってみましたが、今回はさらに基本に戻り、『暗号資産をどうやって手に入れるか』について書いていきたいと思います。

暗号資産を買う

日本で暗号資産を手に入れる主な方法は、日本暗号資産取引業協会に加盟している暗号資産取引所(交換所)において、暗号資産を「買うこと」になります。

暗号資産の取引と販売

暗号資産取引所(交換所)では、取引と販売(購入)が行われています。
取引では、ユーザ同士の売り買いのマッチングが行われており、「いくらで」「どれだけの量の暗号資産を売りたいか(売り板)、買いたいか(買い板)」の注文を入力し、別の人の注文と条件が満たされた時点で、売買が成立(約定)します。

一方、販売では現在の暗号資産の時価相場をもとに、販売所(交換所)の販売手数料を上乗せし、売値と買値が提供されます。売買価格は、手数料を上乗せされている分、「買うときは高く」「売る時は低く」なります。

板取引では、多くの暗号資産を1度に多く売却したり、購入したりすると、相場を大きく動かしてしまいます。また、取引する暗号資産によっては売買が活発でなく、出来高が低い場合もありますので、一般的に取引する量によって取引と販売を使い分ける人が多いようです。

売買単位

暗号資産には小数点以下の単位がない暗号資産もありますが、ビットコインなどは1億分の1の単位まで用意されています。よって、暗号資産の売買は、「それぞれの暗号資産」「それぞれの取引所」によって、取引単位はかわります。
例えば、暗号資産交換所ディーカレットでは、0.00001BTC(約10円)からビットコインを売買できます。

また暗号資産取引所(交換所)では、各取引所ごとに取り扱っている暗号資産が違います。
そのため自分が手に入れたい暗号資産がある場合、「板取引で提供されているのか」「販売だけ提供されているのか」などを考慮して、該当する暗号資産を取り扱っている取引所に口座を作る必要があります。

取引所(交換所)で買うためには口座開設

これは銀行口座や証券取引口座を作るのと同じように、身分証明書を提出して本人確認をする必要があります。
従来は、最終的に郵送によって本人の所在の確認を行っていましたが、今ではこの手続きをオンラインで完結することができるようなシステムを提供する取引所(交換所)が多くなってきました。

海外では……

海外では国際空港にATM機が置いてあり、余った現地通貨を暗号資産に変える人もいるようです。

日本でも以前は各所に暗号資産ATMが置いてありましたが、2018年の規制強化の影響により、現在は全て撤去されているそうです。

売買以外で暗号資産を手に入れる

取引所(交換所)で個人の取引として暗号資産をやり取りすることもできますが、一般的な手法ではないため今回は触れません。そのため、今回は売買以外で暗号資産を手に入れる方法について触れたいと思います。

暗号資産をもらう

何らかのサービスの報酬として暗号資産を貰うことができます。

例えば、Braveというブラウザを使って、Braveが提供する広告を見ることで暗号資産「BAT」が貰えます。

このほかにも、以前はTwitterなどで良い発言をした人に投げ銭という形で暗号資産を送ることが流行ったり、特定の場所に置いてある暗号資産を探すゲームで暗号資産が貰えることがありました。

採掘(マイニング)する。

暗号資産が株式や法定通貨と大きく異なる点は、暗号資産のネットワークを構成するサーバー(マイニングマシン)を運用することによって、報酬として暗号資産が貰えるという点です。日本の電気代では難しくても安い電気を供給している外国でサーバーを運用すれば、現在でも投資効果は十分得られるとされています。

最後に

さて、今回は以上になります。

不安定な時代ですので、株式やFXに加え、暗号資産も投資先として検討し、いつでも投資を行えるように暗号資産取引所に口座を準備しておくのもよいのではないでしょうか。

コインチェック GMOコイン