月間暗号資産

  • HOME
  • KNOWLEDGE
  • 暗号資産の基本 暗号資産投資をするメリット

暗号資産の基本 暗号資産投資をするメリット

少額でも投資可能な暗号資産のメリット

前回は暗号資産の買い方について触れましたので、今回は暗号資産を持つことによるメリットについて触れていきたいと思います。単に暗号資産を投資の対象と見るだけでなく、その使い道などについても触れていきたいと思います。

投資の敷居の低さ、100円からでも投資できる

一般の人が暗号資産を所有しようとする場合、通常は暗号資産取引所に口座を持って取引を行い、法定通貨と暗号資産を交換します。前回も説明した通り、暗号資産はそれぞれの取引所によって取り扱われている暗号資産ごとに、取引最低単位が決められています。

売買する暗号資産にもよりますが、ほとんどが数百円や1,000円くらいからでも十分に投資が可能で、ものによっては100円でも取引して買うことができます。

株式の場合、端株は別として、安いものでも数万円くらいからの購入になります。通常株は100万円くらいからの売買になるので、その点、暗号資産は投資対象としては非常に敷居が低いと言えます。

地理的制限を受けないメリット1
世界中の人に瞬時に送金できる

次に暗号資産の便利さです。暗号資産はインターネット接続ができれば世界中の人に瞬時に送金ができます。ビットコインの場合だと約10分に1度ブロックが生成されるため、最長でも10分間で世界中の人に送金が可能だということになります。

このように、地理的制限を受けない点も暗号資産を持つメリットだと言えます。

地理的制限を受けないメリット2
世界中どこにいても使える(現金を持ち出す必要がない)

暗号資産が地理的制限を受けないのは、どのウォレットがいくら暗号資産を保有していて、どのウォレットに送金したかという情報が世界中のサーバーに複製されて保管されているからです。

したがって、現金とは違い「暗号資産を海外に持ち出す」という概念がありません。ウォレットを持っていて、インターネットアクセスができる場所ならば、世界中どこにいても使えるというのが暗号資産のメリットになります。

通貨危機に陥った国の人たちが、暗号資産を買い求めているというニュースがよく報道されます。これは、自国の通貨よりも暗号資産の方が安定しているという理由ももちろんありますが、海外でも利用できる資産に変えておきたいからだと思われます。

暗号資産決済が進めば、暗号資産をそのまま使える

日本ではビックカメラで暗号資産が利用できることが知られていますが、国によってはコンビニや飲食店で決済に利用できます。南米においては現地通貨よりも暗号資産の方が、利用できる場所が多い国もあります。

しかし、ビットコインやイーサリアムなどの主要通貨はそのまま送金をすると送金手数料が数百円取られるため、送金手数料の低いコインを利用したり、ブロックチェーンのメインネットに直接書き込まないタイプの、サイドチェーンを利用した決済を使用するのがおすすめです。

クレジットカードやデビットカードのデポジットに使える

最近、暗号資産を担保やデポジットとして使えるクレジットカードやデビットカードのサービスが開始されたというニュースがよく流れています。これらのカードは、暗号資産取引所などと提携していて、暗号資産取引所の口座に暗号資産を保有している分だけ使えるデビットタイプが主流のようです。

海外旅行でクレジットカードを利用するのと同じように使えるため非常に便利ですが、日本では現在サービスされていないようです。

最後に

今回は以上となります。

この頃、各国でブロックチェーンを社会インフラに組み込むというニュースが頻繁に流れるようになってきています。これらの社会基盤に組み込まれるような、パブリックブロックチェーンを持った暗号資産は非常に魅力的な投資対象だと言えます。

もしかしたら、暗号資産を所有する最大のメリットは、新しい情報プラットフォームに関わりを持ち、そこで展開される未来に対しての夢を買うことかもしれませんね。

コインチェック GMOコイン