月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 日本円ステーブルコイン・Y-TORAでAmazonの決済が可能に

日本円ステーブルコイン・Y-TORAでAmazonの決済が可能に

公益研究基盤機構(PPRP)一般社団法人は、3月半ばから同社団が発行する日本円ステーブルコイン・エントラ(Y-TORA)を、Amazonにおけるショッピングで利用可能になることを発表した。

PPRPは、日本国内で最先端領域の技術や社会的意義の大きい取り組みに対して、総合的な支援を行う一般社団法人。人工知能を始め、ロボティクス、医療、創薬、材料、環境・エネルギーなど様々な研究分野を対象に支援を行う。資金面、人材面、あらゆる方面からサポートを行い、研究者が自己研究に打ち込むことの可能な環境を構築する支援を行っている。研究成果が正当に評価されて社会に還元される仕組みを作ることを目的として発足され、埋没された素晴らしい研究成果を学会などアカデミック界隈でとどめさせることなく、市場で日の目を見せることをミッションとしている。

理事長の渡辺琢真氏は、東大発のAIスタートアップ会社・TRUST SMITHの代表取締役。同社では、2019年1月に創業され、製造、エネルギー、食品など様々な業界における東証一部上場企業と共にAIプロジェクトを進めている。また、受託開発のみならず、自社の研究開発にも積極的投資を行っている。

Y-TORAはイーサリアム(ETH)ベースのERC20規格のトークンだ。1Y-TORA=日本円1円で取引される日本円連動型ステーブルコイン。法的には暗号資産ではなく、自家型前払式支払手段として扱われる。

Y-TORAは日本円や日本円連動型ステーブルコインのJPYCで購入が可能だ。購入単位は5,000円からとなっている。記事や金券、商品の購入に対しては、1エントラ=1円で利用可能だ。なお、2022年2月16日に販売停止したTORAを所有しているユーザは200%増でTORAからY-TORAの交換を行うことができる。

TORAは2022年1月に様々な事業者が前払式を発行する際のモデルケースとなるために発行。実証実験として販売後、決済手段として利用されていた。その次の段階としてエントラに移行した形だ。また、同社ではD-TORAも発行している。Y-TORAと同じように前払式支払手段扱いのステーブルコインであり、こちらはドルと連動している。

Amazonショッピングでは、代理購入という形となる。手順としては、Y-TORAの公式サイトから購入するAmazon商品を申請する。その後、申請した金額分のY-TORAを指定されたウォレットアドレスに送信すると、商品が届くという形式だ。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会