月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • クラーケン・ジャパン、ポルカドットを取扱い 年利12%のステーキングサービスも提供

クラーケン・ジャパン、ポルカドットを取扱い 年利12%のステーキングサービスも提供

国内暗号資産(仮想通貨)取引所クラーケン・ジャパンは22日、ポルカドット(DOT)の取扱いとステーキングサービスを開始した。

ポルカドットは様々な分散型アプリ(dApps)の受け皿となるブロックチェーンという点で、「イーサリアムキラー」の一角として注目されている。

現在の時価総額は約2.3兆円。メインネットワークと外部の開発者がカスタム可能な「パラチェーン」で構成されており、日本発のパブリックブロックチェーン「アスターネットワーク(Aster Network)」がパラチェーンとして接続されていることでも知られる。

ポルカドットの取扱いはクラーケン・ジャパンの取引所、販売所にて対応している。同取引所が取扱う暗号資産と日本円や米ドルなどの法定通貨、全てのペアでポルカドットの取引が可能だ。

ステーキングサービスについては、特別な契約は必要なく、ポルカドットを保持することで自動的にサービスを受けることができ、報酬を受け取ることができる。発表によると、年利(単利)は12%だという。

ポルカドットを日本国内で取扱う暗号資産取引所は、ビットフライヤー、GMOコイン、ビットポイントジャパン、SBIFXトレード(法人対象)などが挙げられる。

クラーケン(Kraken)は2011年に設立され、米サンフランシスコに拠点を置く大手暗号資産取引所。米国ワイオミング州において、暗号資産取引所として世界で初めて銀行ライセンスを取得した。

なおクラーケン・ジャパンが現在取扱っている暗号資産銘柄は、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコイン・キャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、チェーンリンク(LINK)、ベーシック・アテンション・トークン(BAT)、OMGネットワーク(OMG)の8銘柄となっている。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会