月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • NFTマーケットプレイス「LINE NFT」が提供開始 約4万点を販売へ

NFTマーケットプレイス「LINE NFT」が提供開始 約4万点を販売へ

LINEの暗号資産(仮想通貨)・ブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社は13日、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「LINE NFT」の提供を開始した。

LINE NFTは簡単操作、決済でNFTを購入、取引が可能となっている。LINEアカウントから簡単に登録できるデジタルアセット管理ウォレット「LINE BITMAX Wallet」で保管することが可能だ。

LINE NFTではサービスリリースに伴い、吉本興行提供の人気芸人が新しく撮り下ろしたネタを元にした限定NFT動画「よしもとNFTシアター」や、根強いファンを誇るアニメ作品「機動警察パトレイバー」の30周年突破記念展において特別に制作されたジオラマアートのNFT、「ぎゅうにゅう」や「うさぎゅーん!」「ベタックマ」といった人気キャラクターのNFT動画など、広範のコンテンツの販売を順次開始していく。NFTの総計は約4万点にものぼるという。

今月20日からは内村航平選手の引退を記念したNFTや漫画家やしろあずさ氏のオリジナルNFTの販売を予定している。

4月13日から5月8日にかけ、ローンチ記念として、総額1,000万円が当たる「LINE NFTのアカウント開設でもらえる!当たる!“NFTで宝くじキャンペーン”」を開始した。アカウント開設後にもらえるリリース記念NFTに付与された宝くじ番号をもとに、プレゼントが貰える。

また、株式会社GIFMAGAZINEは同日から、LINEミニアプリ「ジフマガ」にて「NFTギフト」サービス提供を開始したと発表した。

NFTギフトとは、LINEユーザーがLINEのトークルームでNFTをスタンプのように相手に贈ることができるサービス。NFTギフトは「ありがとう」「おめでとう」などの気持ちを相手に伝えることができるコンテンツをギフトすることができる。「贈って楽しい、もらって嬉しい」をコンセプトに、LINEユーザーにとって新たなNFTの価値づくりを目指すという。

さらに、LINE NFTにおける二次流通など、NFTならではの楽しみ方も備わっている。

NFTギフト開始を記念して、6種類のNFTをそれぞれ先着10万名にプレゼントするキャンペーンを同日付で開始した。キャンペーン期間は4月13日から4月24日までとなっており、二次流通は4月27日以降に開始が予定されている。応募については1人1回限りとなっており、NFTの指定はできずランダムにプレゼントされる。

NFTギフトはGIFMAGAZINE運営のLINEミニアプリ「ジフマガ」内の機能。プレゼントのNFTを受け取る場合は「LINE BITMAX Wallet」のアカウントが必要となる。

LINE NFTがリリースされたことにより、各企業がNFTに関する取り組みをより加速させていく可能性がある。今後、さらにLINEがNFT分野で存在感を増していくことだろう。

画像:Shutterstock