月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 米ゲームストップ、NFTマーケットプレイスのベータ版をローンチへ

米ゲームストップ、NFTマーケットプレイスのベータ版をローンチへ

米ビデオゲーム小売のゲームストップ(GameStop)が、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「GameStop NFT Marketpalce」のベータ版をローンチすることが23日、明らかになった。

ゲームストップは今年2月の時点でNFTマーケットプレイスをローンチする計画を明らかにしていた。その際には、今年後半に正式版を立ち上げる予定と説明していた。

当時はイーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンである「Immutable X」上にマーケットプレイスが構築される予定だったが、23日の発表では「Loopring」が採用されたことが判明した。

LoopringはImmutable Xと同様、イーサリアムのレイヤー2ブロックチェーンだ。いずれも「zkRollup」と呼ばれるスケーリング技術を活用しており、イーサリアムブロックチェーンのセキュリティを維持したまま、安価な取引手数料と高い処理能力を実現している。

従来のイーサリアムブロックチェーンでは手数料の高騰が大きな問題となっていたため、それを解決した形となる。具体的には、LoopringでNFTを発行するのにかかる手数料は1ドル以下まで抑えられるという。

Loopringの事業成長責任者を務めるAdam Browman氏は、今回の発表で次のようにコメントを残した。

「LoopringはWeb2.0に匹敵するスピードとスケーラビリティを実現しつつも、ユーザーがWeb3.0内の資産を管理するために必要となる証明可能な所有権を得る権利を与えることができる。大幅なスピードとコストの改善によって、NFTやゲーミングの領域に今まで想像もしていなかったようなデザインを施す余地が生まれる。」

GameStopのNFTマーケットプレイスのベータ版はまだ公開されていないが、ユーザーは早期参加者として予約リストに登録することも可能だという。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会