月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • レコチョク、ブロックチェーンを活用した事業へ本格参入

レコチョク、ブロックチェーンを活用した事業へ本格参入

レコチョクは18日、NFT(非代替性トークン)の発行から販売、チケット、ERC20トークンや音楽業界へのDAO(自立分散組織)の提案など、ブロックチェーンを活用したソリューション事業へ本格参入することを発表した。

第一弾として、同社が運営する音楽業界向けワンストップECソリューション「murket」にNFTアイテムの販売機能を追加。この機能を使い、1月19日17:00よりソロシンガー・CAIKI(カイキ)が100個限定でNFTを販売する。

レコチョクは、ブロックチェーンなどの分散型ネットワークが中心となるWeb3.0時代を見据え、エンタテインメント分野における次代に向けたサービスの企画・開発を推進すべく、国内外の情報収集や研究開発を展開してきた。

特に、NFTはエンタテインメント分野での新たなサービスの提供が実現できると考え、昨年7月より「Web3.0プロジェクト」を発足。ブロックチェーン技術を活用したNFT、ERC20トークン等を用いた新たな音楽体験サービスの提案、DAO、メタバース(仮想空間)でのサービス提供へ向けた開発に取り組んできたという。

murketでは、特別なツールや技術知識がなくても手軽にNFTが販売できるようにサービスを設計。ウォレットの作成や暗号資産(仮想通貨)の購入は不要で、法定通貨のみで決済が可能だ。

なお、ブロックチェーンはポリゴン(Polygon:MATIC)を採用している。今春にはNFTの2次流通対応も予定しているようだ。

レコチョクによれば、murketはレコチョクの20年間にわたるレコード会社とのリレーションや多種多様な音楽配信サービスを展開してきた実績を活かし、音楽業界やコンテンツホルダーに向けて、オンラインストアの開設、デジタルコンテンツを販売することができるワンストップECソリューションであるという。

販売コンテンツ登録、販売、顧客のデータ分析、権利処理、販促までストア運営に必要なソリューションを提供している。また、音源+画像、映像+楽譜、NFTといった異なるデジタルコンテンツの組み合わせ販売やストア限定で付加価値の高いコンテンツの配信が可能だ。

将来的には、商品、グッズ、チケットの販売やクラウドファンディング機能も追加予定だという。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会