月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • メタバースやNFTの支援目的にアジアブロックチェーンゲーム連盟が発足

メタバースやNFTの支援目的にアジアブロックチェーンゲーム連盟が発足

25日、アジアブロックチェーンゲーム連盟(ABGA)がシンガポールで発足した。

ABGAは非営利のブロックチェーン連盟で、ゲーム業界の主要企業などが共同スポンサーとなる。ブロックチェーンゲーム、NFT、メタバースを支持しており、関連の活動や投資を支援していくという。

ABGAには、Huobi Ventures、KuCoin、Polygon、Yield Guild Games(YGG)、The9 Limited(The9)、Cryptomeria Labs、Bitrise Capital、Chain Capital、MetaEstate、Westworld Capital、Plutus VCなどが創設メンバーとして名を連ねている。

その他の設立メンバーには、Media Publishares、Cointelegraph China、Blockcast.cc、GameWayなどの国際的メディアやコミュニティが含まれている。

ABGAというプラットフォームを通じて、業界情報の収集、トップチームや企業の選別、フィルタリングを行い、ブロックチェーンゲーム業界の発展を促進する。また、アジアのeスポーツチームが世界でより活躍するための支援も進めていくという。

ABGAプラットフォームは新たなスタートアップを導き、インキュベーター・クセラレーターとしての役割も果たす。さらに、同連盟には上流と下流の両方をカバーできるブロックチェーンゲーム機関があり、質の高いプロジェクトやチームのためのリソースを効率的にプールすることが可能だという。

昨今、メタバース・ブロックチェーンゲームが大きな注目を集めている。

ブロックチェーンゲームとは、ブロックチェーンを基盤に制作されたゲームのことで、従来のゲームと違い「遊びながら稼げる」ゲームであることが特徴だ。他にも、ブロックチェーン技術によって不正をされにくいことや、複数のゲームでキャラクターやトークンを用いて楽しめることなども強みと言える。

暗号資産(仮想通貨)の高騰や新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、ブロックチェーンゲームも人気を集めるようになった。

また、ゲームとの親和性が高いメタバースへの期待も大きい。メタバースとはデジタル上にある「仮想空間」を指す。

ユーザーはメタバース内で自分のアバターを操作し、他のユーザーとの交流やアイテムを獲得するといった別世界を楽しめる。米大手暗号資産投資企業のグレースケール(Grayscale)はメタバース分野の成長について、2025年には業界全体の収益が45兆円を超える可能性があると予測している。

画像:Shutterstock

                                   
先行BitLending説明会