月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • テザー、来年にも時価総額2位の勢い

テザー、来年にも時価総額2位の勢い

Bloombergが10月上旬に発表したレポートで、米ドルとペッグしたステーブルコイン・テザー(USDT)が「来年末までに、時価総額で2位のイーサリアムを上回る可能性がある」と言及した。14日、海外メディア「CINJOURNAL」が報道した。

報道によると、Bloombergが発表した「2020年第4四半期暗号資産アウトルックレポート」では、「ビットコインとステーブルコインの需要が、このまま継続すれば、テザーは時価総額でイーサリアムを抜いて第2位になる」と語られている。

またレポートでは、将来的に暗号資産(仮想通貨)市場はビットコインに加え、ステーブルコインと中央銀行発行通貨(CBDC)へと主要通貨が移り変わり、新たな暗号資産の道が開かれると予測した。

Bloombergは、2019年から20年まで時価総額300億ドル前後だったイーサリアムを例に挙げてテザーと比較した。7月下旬から8月にかけて急騰し、現在は一転して落ち着きを見せたDeFiは一時のブームとして比較対象から除された。

一方で、テザーの時価総額は2017年から市場の成長とともに順調に伸びてきていることを指摘した。今年、年初の時価総額は約41億ドルだったが、記事執筆時点では約165億ドルになっている。

テザーは今年5月にリップルを抜いて時価総額が3位になったことも話題になった。

米国の暗号資産取引所ではビットコインだけでなくテザーも多くの暗号資産とペアになっており、基軸通貨としての側面も持ち合わせている。

各国で暗号資産が規制され、市場が拡大しつつある今、投資家たちによって米ドルとペッグされたテザーの需要も高まっている。

Bloombergは現在の堅調な暗号資産市場の傾向から「何か重要なことが起きなければならなければ、今後もテザーの拡大は止まらないだろう」「現在の動向が続けば、テザーの時価総額は来年にはイーサリアムを超えるだろう」と述べている。

画像:Shutterstock

コインチェック GMOコイン
コインチェック GMOコイン