月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • LINEがトークンエコノミーを開始

LINEがトークンエコノミーを開始

LINE株式会社は18日、LINE独自の暗号資産(仮想通貨)「LINK(LN)」に転換できる「LINKリワード」を付与する「LINK Rewards Program」を開始したことを発表した。

LINKリワードは、LINEユーザーのサービスへの貢献に応じて付与される。

LINKリワードの付与は、LINE株式会社が独自に開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」基盤に、参加するユーザーやサービスが、共に成長していくトークンエコノミー=「ユーザーとともに成長ができる共創関係・共創経済」構想の一環である。

トークンエコノミーを一言でいうと、代替貨幣(トークン)を用いた経済圏だ。
事業者が代替貨幣としてのトークンを発行し、そのトークンをユーザーが決済などで使用することで、トークンに経済的価値が生まれ、トークンエコノミーが成立する。

現時点では、「LINE Pay」、「LINE証券」、「LINEスコア」で一定の条件を達成することでLINKリワードを受け取ることができる。

LINKリワードが付与されると、BITMAX Wallet上では受取可能LINKとして表示され、LINKの受取申請が可能となる。

受け取ったLINKはBITMAXで日本円に交換することも可能だ。


LINEは同日、Line Blockchainの公式TwitterであるLine Blockchainで、「ユーザーのサービスへの貢献に応じて、LINKに転換可能な「LINKリワード」を付与する 『LINK Rewards Program』が始まりました。まずは、LINEの金融サービスから。 LINEトークンエコノミーの拡大を目指します。」と抱負を述べている。

LINK Rewards Programの開始に伴い、いくつかのキャンペーンも開始されるようだ。

画像:Shutterstock

コインチェック GMOコイン