月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • BITMAX、独自暗号資産を上場へ

BITMAX、独自暗号資産を上場へ

LINE株式会社のグループ会社、LINE TECH PLUS PTE. LTD.(LP)が発行する暗号資産「LINK(LN)」が日本における新規取扱銘柄として今年4月以降に取り扱い予定である事が明らかになった。
30日、LINE株式会社がプレスリリースで発表した。
LPは、LINEの独自暗号資産事業及びブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社の傘下企業である。
LINKは同じくグループ会社である国内向け暗号資産取引所BITMAXで取引される予定だという。
BITMAXは、LINEアプリ上の「LINEウォレット」からアクセスできる暗号資産取引所だ。
LINEアカウントを持つユーザーが対象で、取り扱い通貨は、現時点で「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ビットコインキャッシュ」「ライトコイン」の5種類。
LVCはLINKを国内でも取り扱うために、「日本仮想通貨交換業協会」(JVCEA)の方針に沿って、準備を進めてきた。
LINEは独自暗号資産LINKを中心とする経済圏を築き上げようと、2018年月「LINE Token Economy」構想を発表したことで話題となった。