月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 米ナスダックCEO、ビットコイン先物を検討

米ナスダックCEO、ビットコイン先物を検討

米ナスダックCEOのAdena Friedman氏は、ブルームバーグとのインタビューで、匿名のパートナーとビットコイン先物の立ち上げを検討していることを明かした。
Friedman氏はビットコイン先物を検討する上で、競合他社との差別化と、暗号資産の保管に関するリスク管理の2点を考慮する必要があると述べた。
ナスダックがビットコイン先物を取り扱うようになれば、機関投資家向けビットコイン先物を提供するCMEやBakktと競合することになるため、今後どのような差別化を測るのか、その動向に目が向けられる。
ナスダックは過去にも2019年3月頃を目処にビットコイン先物を上場させるのではないかと報じられていたが、その後、長らく目立った動きを見せることはなかった。
なお、具体的な時期などについては未定。
Friedman氏は暗号資産に関して概ね肯定的な意見を持っており、世界経済の中で役割を果たすだろうとの見解を示している。
その上で、実際にその役割を果たすかどうかは、「暗号資産が商品の流通において、利用される状態に成熟するかどうかだ」と語っている。

コインチェック GMOコイン