月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • バイエルン、ブロックチェーンでトレカ販売

バイエルン、ブロックチェーンでトレカ販売

ドイツ・ブンデスリーガに所属するFCバイエルン・ミュンヘンとブロックチェーン開発企業「stryking.io」が、同クラブの選手をトレーディングカード化し、ノンファンジブルトークン(NFT)として販売するオークションを開始した。
カード化される選手は2019-2020シーズンに所属する24人全員となっており、特にウィンターブレイク(冬季中断)でしか生産されない特別版は、非常に貴重なものとなっている。
またカードにはそれぞれレアリティがあり、価値の高いものからレジェンド、エピック、レア、アンコモン、コモンの5種類が存在する。
stryking.ioによると、すでに行われた1回目のオークションでは、ポーランド代表のロベルト・レヴァンドフスキ選手のカードに3.8ETH(約5万5000円)の値がついたとのことだ。
このオークションの期間は2019年12月20日から2020年1月6日までとなっている。
近頃、ヨーロッパのサッカーチームによるブロックチェーンを利用した計画が増えている。
先日にはイタリア・セリエAのユベントスFCがファンとの繋がりを深める目的で独自トークン「ユベントスファントークン」を発行。
また、フランス・リーグアンのパリ・サンジェルマンや、スペインのリーガ・エスパニョーラ所属、アトレティコマドリードなどといったサッカー界を代表するビッククラブもブロックチェーンを利用したトークン発行を計画・発行していることから、今後こういった事例がさらに続出する可能性がある。

コインチェック GMOコイン