月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • 米R3社、貿易金融ネットワークの試験運用完了

米R3社、貿易金融ネットワークの試験運用完了

R3社は、同社の分散型台帳技術「コルダ(Corda)」を基盤にした貿易金融プラットフォーム「マルコポーロ・ネットワーク」の試験運用を完了した。
12日、公式サイトにて発表した。
アメリカに拠点を置くR3社は、ビジネス向けブロックチェーンサービスを提供する企業だ。
マルコポーロ・ネットワークには25カ国から70組織以上が参加し、日本からもSBIホールディングスや住友商事などが加わっている。
今回の試験運用は貿易金融と運営資金調達の改善を目指し、金融サービス、IT、情報通信、物流、海運、不動産、自動車業界など多岐に渡る業界の関係者が参加したという。
試験運用に伴って行われたアンケートによると、回答者の100%がブロックチェーン基盤のマルコポーロ・ネットワークで、貿易に関わる売掛金処理のスピードアップとコスト削減が期待できると回答した。
また、回答者の内75%が5年以内に今回のネットワークが導入可能だろうと答えた。
今後、R3はコルダのプライバシー強化を発展させ、許可された企業同士がリアルタイムで取引データを共有できる仕組みづくりを目指すとしている。

コインチェック GMOコイン