月間暗号資産

  • HOME
  • NEWS
  • SBIホールディングス子会社マネータップがPayPayと業務提携。リップル技術活用したチャージ事業展開へ

SBIホールディングス子会社マネータップがPayPayと業務提携。リップル技術活用したチャージ事業展開へ

SBIホールディングスは30日、同社子会社のマネータップ株式会社が電子決済サービス「PayPay」を展開するPayPay株式会社と業務提携を結んだと発表した。
今後、両社はマネータップ社が提供する銀行間送金アプリ「Money Tap」をインフラに活用したチャージ事業を展開していく。
同社プレスリリースによると、ユーザーが銀行口座からPayPay残高をチャージする際、Money Tapを経由することでクレジットカード会社などの金融機関を介さず、直接銀行口座からチャージすることが可能になるという。
これにより、金融機関との接続負担軽減や、金融機関における既存インフラと比べ低コストで事業者接続が可能になると説明した。
またマネータップ社は今後、PayPayと接続する金融機関にMoney Tapを介した接続を推進すると共に、複数の事業者との連携や新サービス開始の企画・検討、同アプリとAPI接続する金融機関の提供サービス拡充を行なっていくとしている。
Money Tapは米リップル社の分散型台帳技術(DLT)を活用したもので、銀行口座から銀行口座への個人間送金を24時間365日リアルタイムで直接行うことが可能。
なお、同社は年内にもMoney Tapを用いた店頭決済サービスの展開を予定している。

コインチェック GMOコイン